人気ブログランキング |

風呂掃除

最近、夕食後にアパートの部屋のあちこちをちょこっとずつ掃除しています。

今日は懸案だったバスタブの掃除。

うちのアパートはかなり古く、水回りのリフォームが入っていません。
そのため、キッチンや洗面所のシンク(陶器製)や、バスタブ(プラスチック?いわゆるユニットバス)は表面のコーティングが剥がれてしまっているようで、とっても汚れが付きやすいのです。

特にバスタブは、石けんカスが付いてしまうと、なかなかとれません。
プラスチック自体が変色してしまったのかと思うほど、一面に黄色くなってしまったのですが、
爪でこすると削り取れてしまったので、これはやっぱり汚れだ!と。

Soap scumに効くと書いてある洗剤を買ってきたのですが、日本のバスマジックリンなどのように、こすらずにツルツルなんてはずはなく、”泡タイプ”のはずなのに、すぐにだらだらと流れてしまいました。
流れた部分は、すこし石けんカスが薄くなったので、均一だった汚れがシマシマになってさらに汚いこと。

調べてみたら、アンモニアかお酢が効くとあったので、とりあえず家にある物というわけでお酢を使ってみました。
思いついて、ティッシュペーパーを酢でぬらして、バスタブの内側に貼り付けること30分。

そこを、激落ちくんスポンジでこすったら、

とれた!

激落ちくんも以前単独で挑んだ時には、まったく歯が立たなかったのに、今回はいちおう役に立っています。というのは、お酢パック後とはいえ、かなり力を入れてこすらないとダメだから。

ここで、重曹の登場。
お酢パックで隙を見せた石けんカスに、重曹を振りかけて、激落ちくんでゴシゴシ。

おぉ〜〜!

昔ばなしの「垢太郎」のように、汚れがぼろぼろと落ちていきます。

あー、汚い。

ちなみに、前述のsoap scumに効くという洗剤も、ティッシュでパックするように使ったら、効果がありました。

バスタブがすっかりキレイになる頃には、腕が疲れました。
でもツルツルになってよかった。

石けんカスを付けないためには、固形石けんではなく液体のボディソープを使うと良いらしいのですが、ボディーソープだと、皮膚が痒くなってしまうので仕方ありません。

今日の記事は、また汚れた時のための覚え書きと言うことで。
by daysofWLA | 2011-06-19 20:33 | LA生活
<< 目覚めのよくなる?サプリ 県庁おもてなし課 >>