人気ブログランキング |

仮装して出掛けてみよう!

まだまだ、しつこくハロウィーンネタですよ。

ハロウィーンの夜に仮装した子供たちがお家を廻るのはTrick or Treat !ですが、大人が出掛けるのはどこでしょう?

うちから車で15分ほど行ったところにあるWest Hollywoodという街では、毎年ハロウィーンの夜に仮装パレードが開催されているのです。
市の中心を通っているSanta Monica Blvdを1km以上(DohenyからLa Cienegaまで)にわたって通行止めにし、その中を仮装した人々やそれを見に来る人々がぶーらぶら歩き回ります。

何年か前に近くまで行ってみたものの通行止めや大渋滞に阻まれて、遠くから人だかりをチラ見しかできませんでした。
今年は、少し早めにお友達を誘って一緒に行くように計画してみました。

ゲイの人たちが多く住むことでも有名な地域なので、見に行くだけでも楽しそうですが、せっかくなので仮装して行くことに。現地への送迎は夫がしてくれることになったので、駐車場の心配もなく安心です。
b0066900_172669.jpg



以下は、今回の参加を踏まえての傾向と対策?

Point1;準備は早めに
コスチューム屋さんは間際だと大混雑間違いなしなので、余裕を持って2週間ほど前に選びに行きました。
パッケージのモデルは当然白人さんがほとんどなので、アジア人の顔・体型に合うかどうか、試着できるお店がよいですね。
トリックorトリートもそうですが、ハロウィンのお出かけは基本夜なので、明るい色の方が目をひきますね。
でも、ゾンビやゴースト、魔女、悪魔など、暗~い色のも人気です。
今年はティム・バートン展の影響もあるのか、彼の映画のキャラもたくさん見かけました。


Point2;小物にも手を抜かない(笑)
衣装本体と別に、トータルコーディネイトで小物も用意するとかわいいのです。
ここ数週間ちまちまとミシンで作っていたのが、この小道具たちでした。
b0066900_17132136.jpg

b0066900_17132524.jpg

衣装に合わせたバッグと、アクセサリ。

Point3;衣装に負けないメイク(笑)
せっかくの仮装に、ふだんのナチュラルメイクでは地味すぎますっ。
器用なお友達がメイクを買って出て、こんな感じのアイメイクを施してくれました。
b0066900_171572.jpg


とはいえ、これでもプロのおネエさんたちと並ぶと、すっぴんみたいなものでしたけどね(^^)

Point4;寒さ対策
いくらLAが暖かいとはいえ、10月末の夜は冷え込みます。
もともとの体温が高い白人系の人は平気でも、日本人には寒いですよ〜
ヒートテックを着たり、ホカロンを貼ったりしてみました。
写真を撮る時に、腰に回された手が「熱っ」とびっくりするのも面白かったです。

Point5;もちもの
東京や横浜の大きな花火大会くらいの人混みでした。
お財布を持ち歩くのは物騒なので、現金とiPhoneだけを持って行ったのですが、ID(運転免許証)を忘れました=お酒が飲めません。これは大失敗。
ID無しだけでなく、どのお店も混んでいたせいもあって、入れなかったので夕ごはんのあと、帰るまで水分補給無し。これは要対策です。
あと、ちょこっと直す程度のメイク道具も持って行けば良かった。
途中でつけまつげが半分とれてしまったので、米粒で付けて見たの図(爆)
b0066900_172080.jpg



Point6;ゆっくり歩こう?
日本人って人混みに慣れているんだなぁ。。。と思い出しました。
上に書いたように、この程度の人混みは経験があるので、もみくちゃになりながらも、割とすいすい歩いていたんですが、同行していたアメリカ人の子から「歩くの早いのね」とちくりと言われてしまいまして。
ま、急いでたわけでもないんですけどね。
私たちと同じように、たいていの人が会場を東西に往復するように歩いているので、どこか人の流れる場所を見つけて滞在するのも良いかもしれません。
大きな通り(RobertsonやSan Vicente)との交差点にはライブステージがあるのでその近くで踊っている人もたくさんいました。

Point7;充電はたっぷりと
持っているカメラで、オリンパスPenはフラッシュが付いてなく、Nikonのデジイチでは重すぎるので、現地での撮影はiPhone のみ。直前にほぼフル充電していったおかげで、フラッシュを使っても、カメラAppを付けっぱなしでも電池は大丈夫でした。
念のため、MapやFacebookなど電池をよく使うAppは切っておきましたけど。
「天国のジョブスさん、iPhone使っている人がたくさんいましたよ~」
b0066900_170212.jpg




いやぁ〜。とーーっても楽しかったです。
本当に様々なコスチュームの人がたーーーくさんいて、もみくちゃアリ、ダンスあり、写真撮影あり。
目立っている人と一緒にとってもらったり、逆に「一緒に撮らせて〜」と言われたり。

b0066900_16595394.jpg

年齢、性別、人種のどれをとっても色々な人たちが集まっていて、自己表現のように仮装をしているのは、アニメエキスポのコスプレの人たちとはずいぶん雰囲気が違っていました。
アニメのコスプレは、オリジナルのキャラクターにどれだけ近づけるかがポイントなのに対し、パレードのコスプレは、原型(あるとは限らない?)を元にどれだけ個性的に魅せるかを楽しんでいるように感じました。
中には、障害のある人が車椅子に乗ったままゾンビの仮装をしていて、見て良いものなのか一瞬考えてしまいましたが、そういう人でも参加できる雰囲気があるというのは懐のふかい街なのだなぁと感心しました。

みんなが楽しんでいる中に居るだけでも、楽しくなる、、、

これぞ、お祭り。
b0066900_1721174.jpg



今はまさに「祭りの後」という感じで寂しい気さえします。



b0066900_1701589.jpg

b0066900_16594744.jpg

b0066900_16594062.jpg

b0066900_16593563.jpg

b0066900_16592954.jpg

b0066900_16592589.jpg

b0066900_165918.jpg

b0066900_16585652.jpg

b0066900_170754.jpg

b0066900_170147.jpg

by daysofWLA | 2011-10-31 19:34 | 愉しいこと
<< 野菜モリモリ 2011年のパンプキン >>