人気ブログランキング |

天麩羅屋さんのトイレ

LA-羽田便は帰りの便も0時を回ってからのため、最終日も実家(横浜)でゆっくりと過ごせます。

昼間のうちに、滞在中に会えなかった方のところへゆうパックを出しに行きました。
夫の実家近所の郵便局でゆうパックを出したときは、なるべく料金が安くなる箱を計算してくれたり、同じ宛先に繰り返し送ると割引になることなどを教えてくれたりし、おまけのポケットティッシュまでもらえるサービスでした。

横浜の郵便局では、ほとんど同じ内容の荷物を3箇所に送りました。
それなのに、ひとつずつについて「チルド便は必要ですか?」「配達証明は要りますか?」などと要領悪く質問されます。1つ目の荷物で要らないと言ったら、残りも「無しでいいですか?」と聞いてくれる方が早いと思いませんか?

 最後の1箇の宛名ラベルの住所が(珍しい地名で)係りの人が読めなかったのと、郵便番号が未記入だったので追加で書き込んでもらったのですが、
○○町と書いてあるにもかかわらず「この番号を入力すると△△町が該当するのですが、書き換えてもいいですか?」と言うのです。
 それまで散々、マニュアルどおりの質問リピートでいらだっていたので
「はぁ?○○町じゃないと届きませんよ」と言っているのに、「でも△△町のほうが先に出てくるので、、、」と納得いかな気。
変な職員さんだったな~と思ったのと、気温が高くて不快指数が上がると人間は攻撃的になるって本当だなと納得しました。
ティッシュはもらえませんでした。

ちなみに、あとで確認したら、同じ郵便番号でも△△町はずいぶん離れた場所で、書き換えたら行方不明になってるところでした。
それから1箇所は東北地方あてだったのですが、そのひとつだけ配達に1週間近くかかっていました。
(まだ郵便事情が悪いのでしょうか?)


そんなこんなで、郵便局での雑用を終え、夜ごはんは関内にある天麩羅屋さんへ。
(ラーメン屋さんと迷ったんだけど~)
ここは前回の帰国時に行こうと思ったら定休日だったお店です。
b0066900_8471022.jpg


母は小鉢や天麩羅が少しずつ出てくるコース。
b0066900_8464157.jpg

b0066900_8465290.jpg

b0066900_8465899.jpg

b0066900_847746.jpg

b0066900_847893.jpg



父と私は掻き揚げの付いた天麩羅盛り合わせ定食。
b0066900_8412160.jpg

b0066900_8412071.jpg

たぶん毎回思うのですが、掻き揚げって食べるとそれほど好きじゃありません。
貝柱や小海老、三つ葉などの材料が好きなのでつい頼んでしまうけれど。
b0066900_841397.jpg

追加で「若あゆ」というのを頼んでみたら、かわいそうなくらいのおチビちゃんでした。
b0066900_841592.jpg

でも、ちゃんと、いっちょ前にと鮎の味がします。

天麩羅屋さんのトイレに流れるオルゴールがサザンオールスターズなのは、やっぱりねぇ(^^)と思いましたです。



22時半過ぎに羽田に着くように送ってもらいました。
デルタ航空がなんとなくだらけて、ゆるい印象なのはチェックインカウンターも変わらず。
暇そうなスタッフもいるのにカウンターを増やすわけでもなく、セルフチェックインの機械もあるのですが、自宅でのオンラインチェックインと同じく、ビザを持っている人は使えないのです。不便というか役立たず。
預け荷物の計量は23kgぴったりまでと厳しかったです。

出発が遅いのは便利ですが、その頃には空港内のお店はお土産屋さんも、本屋さんも、食べ物屋さんもほとんど閉まってしまっているので、あまり面白くありませんね。出国検査後の免税店はまだ開いてました。

空港ロビーでこそフリーWifiを~!(こういう署名があったらいくらでもしますよ!)


これで、今回の里帰り旅行記はおしまいです。
ほっ。
by daysofWLA | 2012-06-27 17:27 | 旅行のこと
<< 猫の誕生日 押し付け親孝行?母バージョン >>