クリスマスの食卓

ローストビーフの焼き方を調べていたら、プライムリブのレシピがちらほらヒットしました。
LAでプライムリブというとLawry'sが有名ですが、日本だとビクトリアステーションというお店がありましたね。サラダバー目当てに学生の頃に良く行きました。

プライムリブ=「生っぽいローストビーフ」の事かなと勝手に思っていたのですが、
「リブのお肉(リブロース、リブアイなど)で作ったローストビーフの厚切り」と言うことらしいです。
作り方も意外に簡単そう。
というわけで、プライムリブを作ってみることにしました。

参考にしたレシピ(動画)はこちら
ざっくり言うと、
1)肉をしっかりと室温に戻す
2)ハーブや胡椒を加えたバターをこってりと肉の表面に塗る
3)ちょっと多いかなと思うくらいしっかりと塩をふる
4)500Fに予熱したオーブンに肉を入れ、1LB/5min(3LBなので15分)焼く
5)オーブンの火を止め、最低2時間はオーブンの扉を開けずにオーブンごと冷ます
です。
予めお肉の表面には塩麹を塗って一晩おいてあったので、下味は控えめにしました。

500Fというのはオーブンの最高温度なんですが、お肉を入れるときに開けた扉から熱気が流れたせいで、部屋の警報機が鳴りました。警報機の下に扇風機を用意しておきましょう。

b0066900_17433383.jpg

出来上がったのがこちら。

b0066900_17553452.jpg

中もきれいなピンク色に仕上がりました。
うちは2人ともレアが好きなのでちょうど良い感じです。
b0066900_17433750.jpg


その他の料理は、
カリフラワーのサラダ
b0066900_17433662.jpg

ネギのぬた、オリーブ
b0066900_17433586.jpg

自家製パン
フルーツのキルシュ漬け
b0066900_17433788.jpg

ミニケーキ、シュトーレン
です。


ちなみに、27日現在、お肉の塊はまだ残っておりますよ(笑)。
3LBでも大きい!と思ったのに、レシピビデオのコメント欄には9LBとか18LBを焼いたと書いている人がいてびっくりします。

残った分はラップでぴっちりと包んで冷蔵庫へ。
しっかり冷めた方が薄切りしやすくなります。
スライスしたものを水で濡らしたキッチンペーパーで包み、電子レンジに1分弱かけると、
ちょうどよい温度にやわらかーく温まります。

ふじ子も、お肉ちょびっと食べたニャ
b0066900_17433820.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-12-24 18:50 | 食べること | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/19744029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by larelax at 2012-12-29 01:35
こんにちは。プライムリブ完璧ですね!盛りつけも素敵ですしレストランのコースみたいです。 カリフラワーは生でしょうか、美味しそうですね♡ 上に乗っているポメ?が可愛らしいです。
Commented by daysofWLA at 2012-12-30 18:29
larelaxさん、ありがとうございます。
美味しくできて良かったなぁと思います(まだ残ってますがw)。
カリフラワーは生のままサラダにしました。カフェで食べたのが美味しかったので、家でも作ってみたのです。生で食べるなんて日本にいた時は考えられませんでしたけど、ポリポリした食感が美味しいですね。
Commented by bowwow at 2012-12-31 02:00 x
生のブロッコリーとかカリフラワーとか
日本ではないね、確かに(笑)。
私も全然平気だけど。

リブ、すごい。美味しそう。
あのピンクくらいがいいですよね。

ふじこちゃんも食べたのね?
よかったね。

それにしても、オーブン余熱で500度はかなり危険ですね。
もくもくしそうだわ。
Commented by daysofWLA at 2012-12-31 19:51
bowwowさん、ブロッコリーの生はまだちょっと抵抗があるの(笑)。茹でずに焼くのがお気に入り。
オーブン500度は家庭ではギリギリよね。
トレーを敷いていても、油や肉汁がジュージュー焦げる音がしてました。
ほぼ余熱でピンクに仕上げる感じだから、レア好きの人向けのレシピですね。

猫には中心の味がついていない部分をちょびっと。美味しかったみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カシャカシャびょんびょん クリスマスの準備 >>