人気ブログランキング |

プロのお仕事

来月の頭に、市によるアパートの立ち入り検査があるそうで、それに向けてマネージャーと管理会社による事前点検が行われました。

検査は3年ごとに行われるそうですが、今回はマネージャー(アパートに住んでいる管理人)の上司に相当する管理会社の人が真面目にやろうとしているらしく、60戸それぞれを回って、けっこう細かく要修理リストを作っていきました。

今週は、そのリストに沿って修繕が行われています。

うちは特に直すところはないと思っていたのですが、突然、
「キッチンのKaulkingを直しに来ました〜!」と業者の人が2人でやってきました。

作業をみていると、前回自分でバスタブのkaulkingをやったのと同じ手順で、
ニュルニュルとシリコンを塗りつけ、指でぴょーーーと伸ばしていました。

でも、さすがプロ。やっぱり上手です。
薄く均一に、はみ出したりしないで仕上がっています。

ちょうど、バスルームのKaulkingがまた汚くなってしまった部分(割れたり剥がれたりした箇所からカビてきた)があったので、
「こっちもやり直してもらえますか?」
と頼んでみたら、OK~!とのこと。
b0066900_131927.jpg

b0066900_1311169.jpg

b0066900_1311228.jpg


今回は、古いkaulkingをちゃんと剥がしてから、塗り直してくれました。
(剥がさずに上塗りだけしたのは、やっぱりマネージャーの所行っぽい)

実はそろそろやり直さなくてはと、チューブを買ってきてあったところだったのですが、、、、。
開封しないでそのまま返品します(笑)

今日(25日)は、カーペットの一部を直しに別の業者さんが来たのですが、
「1時間後に材料を持って戻ってきます」と言ったきり、戻ってきませんでした。
待機している必要は無いのですが、来るのか来ないのかはっきりして欲しいなぁ。
by daysofWLA | 2013-01-23 14:12 | LA生活
<< クジラの見える公園 Gold Card >>