映画館でClosedCaption

トム・クルーズ主演のOblivionを見てきましたよ。

朝一の回でマチネー価格だったのと、3Dじゃない上映だったからひとり$8。
この値段ならまぁ、、、でも2時間半も費やすほどではなかったな、、、というちょっと残念な感想を持ちました。
誰でしょうね、「トムクルーズの映画は結構ハズレがないんだ!」と言ってたのは(^^)。
自分でも、他の映画の時に見た予告編では、
「トータルリコールとマトリックスが合わさったような面白そうな映画」と思っちゃったんですけど、実際はそれにさらに、アルマゲドンとタイムトラベラーズ・ワイフと、ベタベタなラブストーリーも入ってる感じ。

映画の内容はさておき、上映の案内にCC(クローズド・キャプション;聴覚障害や難聴の人のための字幕サービス、英語の聞き取りが不自由な外国人にも便利な機能)と書いてあったので、チケットブースで聞いてみました。

「じゃあ、デバイスを席まで持って行きますね〜」と言われて、先に座席に行って待っていると、届いたのがコレ。

b0066900_15351673.jpg


座席の肘置きについているカップホルダーに土台を差し込んで、そこから伸びたアーム先に着いている小さい電光掲示板のようなモノを自分の視界の好きな場所に浮遊させるようになってました。

アナログなんだかデジタルなんだかよく分からない装置。
でも、配線はどこともつながっておらず、テレビで表示が遅れがちなCCも、映画では画面とぴったりの速度で表示されました。

なかなか優秀。

ちょっと会話が込み入ってくると、雰囲気で理解できる範囲を超えちゃうので、あると便利だなぁと思いました。装置のガタイが良いのでちょっと目立つんですけどね。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-28 09:45 | 観たもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/20359203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bowwow at 2013-05-02 21:10 x
ちょうど昨日夫とクローズドキャプションの話を
してたところです。
こっちのケーブル、字幕が日本語だったり
訳がおかしかったり、タイミングが悪かったり
声優の吹き替えが安っぽかったり
いちいちイラつきます。

でもこれはでかいなぁ。

トムの映画は面白いのないよね?
トム、何やってもトムなんだもん。
ぜーんぶ同じなのはキムタクと一緒か。
Commented by daysofWLA at 2013-05-07 02:27
bowwowさん、仰々しくてびっくりしますよね。でも、なかなか便利だったので、また借りるかも。
日本の放送で英語のキャプションはほとんどないでしょうね。DVDだったら表示できるのかな?ジブリ映画をこっちで見た時の英語字幕もおかしいところがあったりしたから、どっちでも多少はあるんでしょうね。
トムは何演じてもトムですよね。そういうのが成り立つ人として嫌いではない(#^^#)ですよ。キムタクも。ただストーリーが面白くないのはちょっとね。
<< ”れん”? もう寿命なのかと思った >>