通勤路

大通り(WilshireBlvd)に出るまで住宅街を抜けて行きます。
b0066900_337545.jpg


あちこちでジャカランダの花が盛り盛り。庭師さんが地面に散った花をブロワーで片付けてるのをみました。

木によって桜のように花だけが咲いているもの(陽当たりのいい所に生えてる)と葉っぱがだいぶ茂ったところに花が咲いてるもの(日陰に生えてる)があります。
うちのアパートから見える木は後者。
そういう木は冬の間も葉が落ちないのです。日向に生えてる木は、冬に落葉して枝のみになりこの時期に花だけがつく。

紫色の花って、夕方にボヤーっと光るような気がしますよ。
[PR]
by daysofWLA | 2013-05-31 03:23 | LA生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/20524226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bowwow at 2013-05-31 22:27 x
懐かしいなぁ。
あの紫の花が一斉に咲くのは、それはステキでしたよね。
真っ青なLAの空に映えるしね。
でももう車の中は熱々よね。
それはちょっと、、、。
Commented by at 2013-06-02 11:02 x
毎年ジャカランダの花をみると、10+年まえこちらにきた日のことを思い出します。西海岸らしからぬ(?)趣のある木ですよね。
Commented by daysofWLA at 2013-06-04 05:31
bowwowさん、サンタモニカblvdの中央分離帯に植えられたジャカランダの木がだいぶ育って、その辺りもきれいなんですよ。
たしかに、車の中はだいぶ熱くなってきました。
Commented by daysofWLA at 2013-06-07 03:41
琴さん、思い出の木なのね。
今年はあちこちで去年より咲きっぷりが良いような気がするんですけど。毎日車で観察しているせいかしら。
<< 米問屋Dの妖しい動き 下見ドライブ >>