軟便な日々

早いものでViviが来てからひと月以上経ちました。
b0066900_164794.jpg


その間に何人か、「子猫のうちに」と見に来てくださった人への反応を見ると、ビビりのViviと名付けたのはやっぱり当たりでした。

初対面の人を見るとひたすら逃げます。
初めての場所(アパートの内廊下に出してみた)ではパニックになります。
怖いときはベッドの下に籠城します。
DysonだけでなくRoombaも怖がります。


それでも、お客さんが来てしばらく経つとおもちゃで遊んでもらいたいのが勝って、お客さんの膝に乗ったりしちゃうのです。
b0066900_164527.jpg

そんなViviですが、うちに来てからずーーっと「うんPユル子」でした(若干進行形)。
トイレの砂にしても固まらず、ヒラヒラとした薄いハムカツ風のものがトイレに散乱します。
しかも、お腹がガスっぽいらしく、しょっちゅうスカし姫。
このどっちも、かなり臭いのでした。

子猫用のエサを変えたり、お腹にいいというサプリメントをあげたりしているうちに、瓜実条虫の節も排泄し始めたので、慌てて駆虫薬をAmazonで取り寄せて、ふじ子と一緒に飲ませました。
b0066900_164426.jpg


食欲はものすごくあるし、元気もいいので深刻に心配はしていなかったのですが、如何せんトイレと本ニャンが臭いのでした。

一時帰国中の夫に頼んで、秘密兵器を持ち帰ってもらうことにしました。

富士通の脱臭機/空気清浄機でっす。
これかなり優れものですよー。
b0066900_16465.jpg


帰LAを待っている間、カリカリをふやかして与えて一気喰いを防いで見たりしているうちに、Viviのお腹の調子もだいぶ良くなり、うんPも練りからし程度の硬さになってきたとともに、臭いもだいぶマイルドになりましたが、せっかくなので脱臭機を猫トイレの横で稼働させると、トイレの存在がわからないくらい脱臭されます。


そんなこんなで、トイレに翻弄されているうちに気づいたらずいぶん大きくなったような気がするViviです。
ふじ子に比べるとものすごく猫っぽく、起きてる間は、ほとんど止まってる時がありません。なんだかんだ見つけては、いたずらします。
名前をまだ覚えてないようなのだけど、いつも「Vivi、コラっ!」と怒られてるので、「コラ」で反応するようになったらどうしましょう。
b0066900_164393.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2013-11-21 12:21 | 猫のこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/21552936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomo at 2013-11-28 20:02 x
Viviちゃん、ふじ子ちゃんと比べるとちっちゃーい!きれいな三毛でしっぽも長くて、超私好みです(^^) ふじ子お姉ちゃんは優しくて良いですね。それにしてもビビリのビビちゃんだったとは!
Commented by がら at 2013-12-02 11:27 x
かわいいーかわいいー。
ふじ子ちゃんと比べるとまだ小さいのね!

猫っていつ頃から自分の名前を把握しているのでしょうね?
以前、どこまで自分の名前を理解しているか試すために、外猫の名前でおじさんを呼び続けたら、困惑してこちらを見ていたのですが、そのうち突然ブチ切れて噛みついてきました。
ちゃんと自分の名前を理解しているようです(笑)
Commented by daysofWLA at 2013-12-05 15:29
Tomoさん、ふじ子と並ぶとまだ随分小さいですね。三毛の模様がホルターネックのように首の後ろで繋がってるところが気に入ってます。尻尾はちょうどゴボウみたいにひょろひょろしていて面白いですよ。
Commented by daysofWLA at 2013-12-05 15:33
ガラさん、ふじ子は「ふじこさーん」でも「ふーちゃん」でも認識してるんですが、いつから反応するようになったのかしら。
おじさんは間違ってたら噛むんですねw。
Viviは名前なんぞを覚えるよりも楽しいことがいっぱいあるみたいです。気ままでやんちゃで極めて猫っぽいです。
<< 2013のサンクスギビング 風立ちぬ >>