人気ブログランキング |

Something's gotta give

邦題は「恋愛適齢期」のようです。
恋愛小説家のジャックニコルソンが出ているので、「恋愛」にしたのでしょうね。

ダイアンキートンは年をとっても可愛らしいのです。ジャックニコルソンは、「もてるオヤジ」の役らしいのですが、ちょっと太りすぎの様に思えました。でも、太っていないと、”オシリ”のシーンが生きてこないのかも。

ダイアン演じる戯曲作家と、ジャックのレコード業界の重鎮、キアヌリーブスは医師、ダイアンの妹はフェミニストを論じる人、というわけで、出演者の知識レベルが高い映画なので英語が早い早い。テンポ良く会話がすすんでいるので、キャプションを追っかけるのが大変でした。
きっと、気の利いた会話になっているんじゃないのかなと想像しつつ、筋だけ追いました。

でも、ラブコメディにしては、いくら歳を重ねた男女の話だとしても、ちょっと長すぎると思います。途中、見ている方がたるんでしまう。


トータルで見ると、あちこち面白かった、ということになりますが、個人的には若い人のラブストーリーの方が好きです。
自分が年をとったらもっと共感がもてるのかもしれないけれど。。。
by daysofWLA | 2005-03-09 16:21 | 観たもの
<< 血と骨 ルクルーゼのアウトレット >>