人気ブログランキング |

謎の「行列の出来る店」

Sepulvedaを使ってCulver CityやLAX方面に向かうと、SepulvedaとWashingtonの角ちかくに、いつも人だかりの出来ているお店があるのです。
何度か通っているうちにどうやらメキシカン料理のお店らしいと分かったのですが、そのお店の隣もメキシカン料理のお店。ところが手前の方はお客さんが並んでいる、という様子はなく、むしろ閑古鳥ピヨピヨ。

並んでいる人はメキシコ系の人ばかりでなく、白人系の人もたくさん。行列には何か秘密があるはず!と思い、ついにこの連休に行ってみました。b0066900_14411130.jpg
やっぱりこの日も大行列。
b0066900_1444440.jpg

お店の名前は"Tito's Tacos"でした。
駐車場もいっぱいでなかなか入れませんが、Washington沿いのコインパーキングもたくさんあるので、少し離れたところに停めるという手もアリです。
お店の外と中に注文する窓口があり、どのブースにもお客さんが並んでいます。
フォーク式ではないので、空いていそうな列を狙ってみました。
番が来てお店の中に貼ってある、というか壁自体がそれになっているメニューを見ると、行列の秘密が!

安いのです。
Tacos $1.35, Burito $3.10, Tamale $2.10, Tostada $2.10、、、
(他にエンチェラーダやケサディーヤもたぶんあったと思います)でした。
ワゴン車で売りに来るブリトーと同じくらい安いですね。
しかも注文してから作るようなので、できたてで美味しそうです。
行列はその所為でもあるんですね。

お店の中は日本のホカ弁屋さんのように、手際よくタコスやブリトーが作られているのが見えます。
出来上がると、ボール紙の箱に入れて渡してくれます。
支払いはCashOnlyでした(お店の前にATMがあります)。



タコス、トスターダ、チキンタマレスを注文しました。
これで7ドルちょっとです。
b0066900_14471792.jpg

タコス(写真左手前)はビーフの煮たもの、レタス、チーズが入っています(チーズなしも選べます)。トスターダ(同左上)はタコスとどこが違うのかよく分からない感じでした。タマレス(同右上アルミがかかっている)は発酵抑えめで、ソースがメキシコ風グレイビーのようです。
サルサはスパイシーですがタマネギとコリアンダーは控えめです。

お値段からいってファーストフードという感じなのに、”出来たて”パリパリなのとレタスが新鮮シャキシャキなので、全体に美味しいです(あくまでもB級!ですけど)。ボリューム感には欠けるかもしれませんが、おやつやポットラックに持っていったりするには良いんじゃないかなと思いました。
by daysofWLA | 2005-05-29 14:10 | 食べること
<< セカチューと酒井順子 vegetable pick >>