人気ブログランキング |

完食しちゃった。。。

友人達のLAでの最後の晩はLawry's The Prime Ribへディナー。
cabayareaさんの記事を見て、友人に行きたいかどうかメールしてみたところ、
日本では、BSEの影響で未だアメリカンビーフが輸入解禁されていないそうで、
(ってことは、赤坂のお店はどこのお肉を使っているのかな?)
「アメリカ産牛肉食べるの、ひっさしぶり〜〜」なんて喜んでくれました。

b0066900_14344379.jpg


Lawry'sは私にとっては、3年降り2回目の挑戦になりました。
お店のテーブルレイアウトも変わっていて、ちょっと新鮮。
前回は、サラダだけで、かなりお腹がいっぱいになってしまい、注文したLawry's cutの1/3くらいしか食べられず、大好きなマッシュポテトも手をつける前にさめて固くなってしまって、まさに”惨敗”(何に?)という感じだったのです。
(2人分のレフトオーバーを持って帰った、当時一人暮らしの夫は、その後2日ほど肉を食べ続けた模様)

今回は、お肉とマッシュポテト完食致しました!!
焼き加減を選ぶとき、レアだとちょっとお肉がぬるそうに思えたので、ミディアムレアにしたのと、特製スパイスやホースラディッシュで後半は味に変化を加えたり、ポテトもさめないうちにドンドン行っちゃったのが良かったんでしょうね〜〜、
なんて、分析してみましたが、単に、アメリカンサイズの食事に適応して来ちゃったんでは?という気がします。
、、、、、、まだ、デザートまでたどり着けませんけれど。


友人が頼んでいた、British cutという薄切り肉3枚のカットも、骨が無くて食べやすい&たぶん適量で、なかなか良さそうでした。
それから、あの、Yorkshire Puddingというのは、特にいらないなぁと思ってしまいました。
グレービーソースをしみこませて頂くものなんでしょうかね?ジャムか何かつけたら美味しいと思うんだけど。。。

そんな感じで、滞在1年半で、確実に適応している自分の胃袋を思い知らされたディナーだったのでした。
by daysofWLA | 2005-09-22 19:30 | 食べること
<< 美人になる?スープ バースデーギフト >>