人気ブログランキング |

型が二つの理由

ちょっと前に、ポトラックのホームパーティにお呼ばれしました。

前回職場のポトラックで、ロールケーキが好評だったので、今回もケーキを持っていこうと思ったのですが、人数が多いみたいだったので、たぶん10年くらいぶりに丸いスポンジケーキを作ることに。

タマゴを泡立てて、Softasilk様を入れた生地を作るところまでは順調。
シリコン型なのでくっつかないだろうという思いこみと希望を込めて紙を内側に敷かずに生地を流し込みます。
日本のケーキレシピだと、厚いスポンジを焼いて、横半分に切って、切り口が上になるようにひっくり返してデコレーションだったはず。。。(ああ遠い記憶)
でも、ケーキの箱に書いてあるレシピを見たら、2つの型で2枚焼いて、2段に重ねましょう!って書いてあるのです。

アメリカ方式、楽そうだわん。

ところが、温度がちょっと高く、時間がちょっと長かったみたいで、スポンジが焦げ気味。。。。
せっかくのシリコン型も、焦げたせいか、あちこちくっついて型から出すときにちょっとぼろくなりました。

9インチという大きさも、思ったより面積が広くて、真ん中にフルーツと一緒にサンドするクリームの分だけで、用意したホイップの半分くらい使ってしまいました。

なんせ、表面が焦げているので、デコレーションで隠すのも大変で。。。。
イチゴ買っておいて良かった。

2枚型使いのアメリカ方式、楽だと思ったけれど、大変だったよ。
あ、ちゃんと火加減を確認しなかった私が悪い?




ふわふわロールケーキを食べたことのある夫以外は、焦げたことにあんまり気が付いてなかったみたいで、良かった。

シロップを多めにしみこませたので、ごまかせたかしら。

次回はもうちょっときれいなの作っていきます。。。
b0066900_1258193.jpg


この日のためにケーキを運ぶ容器を買ったら、また9インチの型が付いてきました。。
2枚も
by daysofWLA | 2007-07-11 13:01 | 食べること
<< ランチをめぐる狂騒 Fireworks in Ma... >>