ヘナ2

せっかくなので、使用感を書いておきましょう。

色合い:
もとの黒の上に赤がかかった感じ。茹でる前の栗の色っぽい
          白髪はオレンジや赤に染まるので、メッシュが入ったみたいになります。

ダメージ度:
感動的なほど、きしみません。
普通のケミカルカラーでギシギシするのがイヤな人にはお勧め。
染めている途中で、頭皮が熱くなったり、しみたりもしませんでした。

難点?:
結構臭います。
草っぽい、青汁のような、ゴザのようなにおいが頭全体を覆います。
でも、ケミカルのように、鼻につーんと来る感じではありません。

値段:
下の記事にある写真の袋は4ドルちょっとでした。
お店の人には、肩より8cmくらい下の長さで、2/3袋くらい使うと言われました。

使い方:
1)ヘナを適当に水で溶かします。
あまりきれいなさらさらのペーストにはなりません。
ねっとりというか、だまだまというか、ヘドロみたいな感じです。
髪からたれるのがイヤだったので、濃いめにしました。

neeさんから、
最初に少量のお湯でお団子状に溶いて、徐々にのばしていく
のが良いとコメント頂きました。

2)櫛で髪を束に分けながら、ヘナを塗りつけていきます。
手袋はした方が良いと思います。

3)ラップで包んで、シャワーキャップを掛けて2時間
耳や顔についた部分は早めに拭き取った方が良いと思います。
乾燥するとヘナがガビガビに固まってしまうそうなので、ちゃんと包んだ方が良いです。

4)シャワーで洗い流して終了
流した水は割といつまでもオレンジ色なので、適当なところで見計らってすすぎをやめて良いみたいです。
[PR]
by daysofWLA | 2007-08-09 06:24 | LA生活 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/7270440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nee at 2007-08-11 07:16 x
こんにちはー。
へナは仕事で扱っていましたが、自分の髪を染めた事はありません。
興味はあるんですけどね。

へナは水で、とかお湯で、とか言いますが
私はコーヒー、紅茶、お茶、ハーブティなどで溶いてました。
その飲み物(水分)の濃さによって、染まる色も違ったりするんですよ。
濃い目のコーヒーやアロマオイルを入れて、匂いを誤魔化したりもします。
最初は温かいお湯などをちょこっといれて、しっかりコネコネして(団子のようになる)、それを少しづつのばしていくと、だまになりませんよ。

面倒だな、とも思うんですが、トリートメント代わりに使おうかな?

そうそう、daysofWLAさんはどちらで漢方を買ってますか?
LAでですよね?良かったら教えてください。
Commented by daysofWLA at 2007-08-11 12:41
neeさん、自分でやりながら、美容院に持ち込んでやってもらえればいいのになぁなんて考えてました。
コーヒーとかで色を変えられるんですね。次回試してみようかな。
きれいな溶かし方もありがとうございます。記事に修正で入れさせて頂きますね。
漢方の件、neeさんのブログの方に詳細入れました。
Commented by MB at 2007-08-11 13:02 x
ヘナ、日本にいたころ、ヘアマニキュア感覚で美容院でやってもらったことがありますが、ゴザの匂いってまさにそのとおりですね。(笑) 染めた後の数日間は、シャンプー後に白いタオルをつかうと、うっすら赤茶にそまったような記憶があるのですが、どうですか?  
Commented by dolce315 at 2007-08-13 04:03
とっても参考になりました!レポありがとうございます☆
ギシギシしないというのがポイント高しですね。
ゴザのニオイも嫌いじゃないし(笑)…
ヘナをゲットしに行かなきゃ。
Commented by daysofWLA at 2007-08-15 13:53
MBさん、ゴザのにおい体験者でしたか!染めてから、1週間くらい経ちましたが、まだシャンプーの時色がでますよ。
タオルは念のため、色付きのを使っているんですけれど、白いのだったら染まるでしょうねぇ。
Commented by daysofWLA at 2007-08-15 13:57
dolceさん、ギシギシしないのは本当に良いですよ。
これなら伸びてきてもこまめに染められそうな気がします。
インド系のお店をのぞいてみてくださいね。手袋もお忘れなく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Los Pinguos ヘナ >>