マクロビオティック教室

少し前から、自分でレシピ本を見たりしてマクロビオティックのお料理を取り入れているのですが、”陰・陽”の基本編のクラスがあるというので行ってみました。

習ったレシピは、プレスサラダ、野菜のウォーターソテー、茹で野菜とカボチャの種のソースの3種類。
説明を聞きながら、作り方のデモンストレーションを見せて頂くのですが、野菜の切り方ひとつとっても、さすがにプロの包丁さばきは勉強になります。

帰ってきてから、自分で復習しながら作ってみた”茹で野菜とカボチャの種のソース”。
b0066900_15235997.jpg

それぞれの野菜の固さにあうように、1種類ずつ茹でるので、どれかがクタクタになることもなく、それぞれの野菜の味が活きて、ほっとするお料理です。

ソース作りには、ものすごく久しぶりにすり鉢を使いました。
フードプロセッサーや、ブレンダーとは違う食感になるようです。
(家のキッチンにすり鉢があったのも、忘れかけていたほど。。。)
オイルは何も使っていないのに、コクがあって美味しいソースです。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-08 15:04 | 食べること | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://daysofwla.exblog.jp/tb/7423200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dolce315 at 2007-09-14 04:25
↑のお料理、とても色が鮮やかで美味しそうですね:)
マクロビは一度食べてみたいな~と思いつつ、チャレンジしていません…
最近、ちょっとだけ健康に目覚めたので、レシピ本をチェックしてみようかな。
Commented by daysofWLA at 2007-09-14 10:52
dolceさん、さすが、目の付け所が!ゆでるときにお塩を入れないのですが、きれいに色が出て驚きました。
最近のマクロビのお料理は、体に良いだけじゃなくて、見た目も美しく・楽しく、もちろん美味しく、という流れになってきているそうですよ。
基本系が和食なので、お口には合うと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鮭フレーク 食品の裏側 >>