人気ブログランキング |

2008年 11月 15日 ( 2 )

グラスホッパー

ここしばらく、何冊か伊坂幸太郎さんの本を読んでいますが、今まで読んだ中で一番面白かったです。

アマゾーンなどのレビューでは、伊坂作品好きの方達が、「一番面白くない」と言っていたりするので、他の方が面白いと思うかどうかは自信がありませんが(笑)。

珍しく、借りている間に(図書館から)3回も繰り返し読んでしまいました。
自分で持っていたら、何ヶ月かに一度読む本になりそう。

読み終わって以来、世の中にはその手の”業界”が存在していて、政治家の不祥事の後始末や、必殺仕事人のように個人的な恨みを晴らしてくれたりするんじゃないかという気になっています。
たまたま、警察署内で容疑者が自殺したニュースがあったりするのですよね、こんな気分の時に。
要は、殺し屋のお話なので、そういうシーンが嫌いな人には評判が悪いのかも。

タイトルのグラスホッパーというのは、「バッタの個体数が急激に増えると、集団の中に攻撃性を持ち移動能力の高くなった個体が出現する」という話から来ています。
もしかしたら、このごろ人間界にもそういう現象が起きているのかも、、、、?


本の内容とは、ぜんぜん関係ありませんが、パソコンが調子悪いです。
Macなので、ブログを書く時はSafariとiPhotoを使うのですが、どっちも異常に遅くなるのです。そんなわけで写真がカメラから取り込めません。
あ、そんなに撮ってもいないんですけどね。
by daysofWLA | 2008-11-15 17:06 | 読んだもの

Flyaway

日本から出張で来た友人が、次の出張先に移動するフライト待ちのちょっとの時間にLAXで会ってきました。
私が帰国したときに、向こうが忙しくてあえなかったりしたのもあって、もしかしたら送別会をやってもらって以来、久しぶりに会うのかもね~などといいつつも、変わらず会話が弾むのが20年来の仲というのでしょうか。
ちょっとの間だけでしたが、楽しかったです。
次はいつ逢えるかしら〜〜〜。

それにしても、日本人ビジネスマンは忙しいのですねぇ。
今回の出張でも連日、現地のアメリカ人スタッフと終業時間を過ぎてまで会議の後、日本およびアメリカ各地から集まった日本人スタッフで、日付が変わるまでミーティング、お休みもなく次の出張先へ、というのですから。

ところで、今日はバスを使って空港まで行ってみました。

行きは最寄のバス停から75セントで空港まで。ターミナルへのシャトルの乗換えを入れて40分ほど。
帰りはFlyawayを使って、$4でWestwoodまで。フリーウェイを使ってノンストップ。
なんと20分ほどで着いてしまいました。
うわさには聞いていましたが、Flyaway便利ですね。
スーツケースがあっても積み込んでくれますし、15分おきくらいに走っているようです。
一人で行く場合は、駐車場代よりも安いんじゃないのかしら。

Flyawayを待っているあいだ、van nuys行きを待つノエルさんというおじさんと少しお話ししました。
1945年に日本に、しかも横浜にいたことがあるそうです。
お顔がアジアっぽかったので、もしかして日系の方かと聞いてみたら、フィリピンのご出身でした。
アメリカ領だったから14歳で軍に入って、戦争直後の日本に少し滞在し、アメリカに来たとのこと。その当時は人種差別がまだあって、バスに乗っても白人同士、黒人同士で席が分かれていて、それが嫌でカナダに渡ったこと。
カナダは医療保険が充実しているので、$1300のペースメーカーや毎月数百ドルの薬も全部カバーされること。ただ、冬は雪がたくさん降って大変なので、冬の間はLAに来て、1年のうち半分カナダ、半分LAで暮らしているのだそうです。
前歯はなかったけれど、ゆったりとしていて幸せそうなおじさんでした。

乗ったバスの中では、前の席の男性がとても神経質そうで、運転手さんに何度も行き先を聞いたり、所要時間を聞いたり、忙しい人でした。見た目は”大草原の小さな家”に出てくるオルソンさんにそっくり。
だいぶ頭部が寂しくなっている方だったのですが、2分おきくらいに、両手で髪をなでつけています。ほんの20ほどのドライブの間だったのに、少なくとも3本が抜けていくのを私は見届けました。
by daysofWLA | 2008-11-15 10:27 | 佳いもの