人気ブログランキング |

カテゴリ:TV( 51 )

田口選手おめでとう

野球の田口壮選手をご存じでしょうか。

私は、News23のスポーツ担当だった奥様(香川美恵子アナ)が前任者の木場さんに続いて野球選手と結婚されたときに、そのお相手として認識していた程度でした。

少し前に、"ほぼ日"で連載されていた対談が面白かったのをきっかけに、田口選手の日記を読むようになったのですが、関西人らしいオチがあったり、打てない日には自虐的なギャグがあったり、同じアメリカに住む日本人として「そう、そう、」と共感できるような話題があったりして、楽しませてもらっているのです。

今年はマイナーチームに所属し、シーズン中ずっとメジャーへの昇格を狙い続けていた田口選手。
若いチームメイトがメジャーにあがっていくのを見送ったり、メジャーと違って乗り継ぎの悪い飛行機で遠征に行かなければならなかったりと何かとつらそうでした。
特に、8月の終わり頃には、それまで自宅から遠征先まで何百キロもの距離を運転し、いつもお子さんを連れて応援に来ていた奥様が、お子さんの学校が始まったために週末しか来られなくなったそうで、そんな寂しさも書かれていたのです。

今シーズン最後の日記として書かれた9月8日の分には、
「実は、シーズン途中に『今シーズンは昇格の可能性はない』と宣告されてしまっていた。その中で野球を続ける気持ちを持ち続けるのが大変だった」
とありました。
そして、来シーズンも応援お願いします!としめられて、それを最後に日記の更新は止まっていたのですが、、、、


ふと、Yahooニュースを見ると、”カブス田口”の文字が。
(ふだんは、メジャーで活躍する日本人選手の名前しか載りません)
なんと、マイナーのシーズン終了後に、メジャー(シカゴカブス)から招聘があって、メジャーリーガーに復帰されたのでした。\(^_^)/

本人の驚きと喜びも、また日記に更新されていました。

メジャーのシーズンはあと2週間ほどあるそうなので、その間、たくさん試合に出場して欲しいなぁと思います。
by daysofWLA | 2009-09-16 22:45 | TV

ついに解約

少し前に、室内アンテナを買って試してみた記事を書きましたが、結局その後、返品せずに手元においていました。

すべてのチャンネルがデジタル化に切り替わったのを待って、もう一度試してみると、問題なく使えそうなので、ついにケーブル解約しました。

解約の申し込みは電話で出来るのだそうですが、ケーブルボックスを返却するまでは、解約が成立しないとのことで、今朝、返却に行ってきました。

夫が電話したときは、カスタマーセンターの人に「返却理由」を訊かれたそうです。
「要らなくなったから」と答えた夫に、
「アンテナ買ったの?」聞き返すあたり、同じようにアンテナを買ってケーブルを解約する人が増えているのかもしれません。

24時間日本語放送のチャンネルもちゃんと映ります。
ただ、worldNHKというニュースは、日本人のアナウンサーなのに、話すのは英語です。
ご丁寧にニュースの中で使うインタビューなども全て英語に吹き替えられているのです。
ターゲットは誰なのでしょうか?
by daysofWLA | 2009-06-27 09:10 | TV

室内アンテナの実験・ビデオ屋閉店

ケーブルテレビを契約していながら、朝の出かける前のニュースとお昼のmaury show(相変わらず見てる)以外、ほとんどケーブルの番組を見ない我が家。

毎月$50ほどの出費がもったいないよねぇ、、、、と、室内アンテナ(HD対応のもの)を試しに買ってみました。
RCAのアンテナで$15ほど。
b0066900_16195053.jpg

結果、
・analogチャンネルは、砂嵐の中にぼんやり顔が見える程度のひどい画像で観るに耐えない感じ
・digitalチャンネルはケーブルと変わらないきれいな画像で問題なく観られる(これにはびっくり)
・受信できるチャンネルは1〜60くらい。
・ケーブルで観られないサブチャンネル(18-2とか)は受信可能(digitalなので)
・逆にケーブルのチャンネルにある400番台のHD専用チャンネルは受信できない
・digitalチャンネルでHDの番組を流している場合は、HDでみえる。
・シグナルの弱いチャンネルは、画面がジグソーパズルのようになってしまって判読不能になる
・うちの部屋では、アンテナシグナルが届きにくいっぽい(映らないチャンネルが多い)

というわけで、すべてのチャンネルがdigitalになった場合、かつ、受信感度が良い条件のお家なら、ケーブル無しでクリアなテレビが観られるようです。

うちにとっては、朝の日本語ニュースを見るチャンネルが映らなかったこともあって、とりあえずケーブルTV解約はまだしないことに。
観るチャンネルがほとんどないのに、そのうちの1つが写らないというのもマニアックで面白いです。
アンテナは返品するかなー。


もうひとつ、
ソーテルのレンタルビデオ屋さんが閉店セールをやっていました。
b0066900_16171397.jpg

VHSビデオものは指定の箱に詰め放題で$10とか、映画の中古DVD$20/5枚とか、日本のテレビ番組のDVDなどはかなり安く売っていたのでした。
あ、VHSのビデオデッキも売ってましたよ。
お店のリース期限が切れるための閉店という事でしたが、最近はインターネットさえあれば、動画サイトでいろいろな日本のTV番組がみられる様になっていますし、そういう影響もあるのかもしれませんね。

家具・インテリアのお店EXPOのセールものぞきに行ったんですが(もうほとんど残っていなかったけど)、閉店前のeverything must goセールってなんだか寂しいですね。
by daysofWLA | 2009-04-18 22:50 | TV

天地人(初回~7回まで)

今年の大河ドラマ、天地人

昨年の「篤姫」がとーーーってもよかったので、つい続けてみているのですが、
かなり残念です。

まず、時代設定が地味。
衣装が地味。
登場人物がマイナー。

この辺はしょうがないと思うのですよ。
おととしの風林火山もほぼ同じ時代だったし、主人公の山本勘助もマイナーだったし。
でも、風林火山は、面白かったです。
俳優さんが皆さん、せりふも殺陣も上手だったから。
合戦のシーンとか迫力ありましたし。

天地人の場合、
初回にちょろっと妻夫木君(変な前髪)、小栗旬君(変な生え際)、などが出てきてて、そこで「なんか軽いな~」という違和感を感じたのですが、すぐ子役に切り替わったのです。

この子役ちゃんたちが、上手でねぇ。
5歳の子が11歳の主君に召抱えられるという設定で、けなげなのです。
「こんなに頑張ってるんだから、温かく見守ろう、うるうる」と観ていたら、2回目で急に妻夫木君にバトンタッチ。
14,5歳の設定なのですが、見えない。
主君役の北村一輝さんも、二十歳そこそこの役のはず。見えない。
かろうじて、若々しい演技ができているのは常盤貴子さんくらいかな?
上杉謙信(阿部寛)や織田信長(吉川晃司)は良いとして(年齢設定としてね)、秀吉役の笹野高史さんが、草履あっためてる時点でかなりおじいさんです。

今まで見た分では、妻夫木君演じる主人公はかなり泣き虫でへたれっぽく、これも「若い(幼い)うちはしょうがない」という設定からだんだん強くなっていく様子なのですが、前提として”若く見えない”ので、ピンときません。

こんなに俳優さんの実年齢と差があるなら、あと数回、ちょっと大きい子役を使えば良いんじゃなかったのかと思っちゃいます。

あと、残念な理由がもうひとつ。
セットが安っぽいのです。
篤姫の豪華絢爛江戸城大奥に比べては気の毒かもしれないけれど、上杉謙信(アベちゃん)がこもっている岩屋とか、文化祭の大道具みたいに張りぼて感かもし出してます。
姫様たちの衣装も、ぺらぺらだしねぇ。

演出も変です。
変すぎて、それを目的に観ても面白いかもと思ってしまうくらい。
場面が急に暗転して、登場人物にスポットライトがあたって語りだす。。。というのがお気に入りのようです。ミュージカルかっ!
紅葉とか北斗七星も、何でそんなににせものっぽさをアピールするかというくらい、安っぽい。
(スポットライトの演出はLAではまだ放送されてない様なので、お楽しみに!)

NHKも予算削減されているんですかねぇ。。
まあ、海外にいて受信料払わずに観られているわけだから、文句は言えない?

いやぁ、でもちょっとひどい出来ですよ。
何で視聴率がそこそこ行っているのか不明。

気に入っているという方に、面白さを教えて欲しいところです。
万が一これから面白くなっちゃうかもしれないので、念のためもうちょっと観続けようと思いますので。

あぁ、篤姫ちゃんが懐かしい。
by daysofWLA | 2009-03-03 22:11 | TV

週刊こどもニュース

夫がたまに見ている日本のTV番組のひとつに、週刊こどもニュースがある。

「良く出来てる番組なんだよ」というので、一緒に見てみると、

たしかに、

かなり良く出来ているのです。

パレスチナとイスラエルの問題の回のときは、模型を使って両国の歴史から、アメリカの大統領に関する動きまで非常にうまくプレゼンしていて、わかりやすかったです。

最近では、中川財務大臣辞任の件をとりあげて、例の記者会見のビデオを示しながら
「こういう状態を、”ろれつが回らない”と言います」ときっぱり。
ふだん、ろれつが回らない人なんてめったに見ないから、視覚的にばっちり覚えた子供も多いんじゃないでしょうかね。
辞任という言葉も、簡単に「大臣をやめた」と言い切って、いさぎよし。

番組は、一応、両親と三人きょうだいという家族設定で進行しているようですが、
その役割設定もゆる~いのが面白いです。
HPの写真だとちょっと誰か分かりませんが、現在のお母さんは「はしのえみ」さんです。
どうも長年、お父さんは固定でお母さん&たぶん子供たちは入れ替わっているようです。
by daysofWLA | 2009-02-23 05:55 | TV

2008 アカデミー賞

今年も見ました、アカデミー賞。

テレビをつけたら、ちょうどメリル・ストリープと娘さんがレッドカーペットを歩いていくところで、二人であわせたようなシックな色・シンプルなデザインのドレスが素敵でした。

司会のヒュー・ジャックマンは、番組はじめから、歌ったり踊ったりとすばらしいパフォーマンスを披露してくれて、こんな芸達者な人とは思わなかったので、驚きました。
X-menのオオカミ男、ただものじゃないです。

ステージの最前列に座った、ノミネートされている俳優さんたちはずらっと豪華で、それを見ているだけで映画の1シーンのような。
どちらも受賞は無かったけれど、並んで手をつないで座っているアンジェリーナ・ジョリーとブラット・ピットは、家族になってから美しさが増しているように見えました。

そして、短編アニメと外国語映画部門で日本作品の受賞!
どちらも、日本のニュースではいくつ物映画賞を取ったと話題になっていた作品でした。
’おくりびと’の受賞が発表されて、最初は監督とモックンだけがステージに上がるような感じでしたが、ヒロスエと余貴美子さんもあがったので、さっそく夫に(マジでKoiする、、のころからのファンなので)電話して教えてあげました。

受賞作となった、ダークナイト、スラムドッグ・ミリオネア、愛を読む人、Milk、そして、”おくりびと”どれもまだ観ていないので、これからチェックするのが楽しみです。
by daysofWLA | 2009-02-22 17:00 | TV

風のガーデン

週末は引きこもって、ネコとドラマを見ていました。
ネコもテレビを見るのです。
気に入ったのがあると、ずーっとみています。
そのうち寝ちゃうようですが。


さて、風のガーデンというドラマ。
中井貴一さん演じる東京の麻酔科医が、末期のがんであることがわかって、数年前に勘当された富良野の家族の元に帰っていくというお話。
中井貴一さんの父親である、在宅終末医療の医師を演じた緒形拳さんが、放送直前に亡くなったので、”もうすぐ死んじゃう”のが緒形さんのような気がしてしまうのですが、お話の中で亡くなるのは、中井さん。

中井貴一さんて、品は良いけど今ひとつ垢抜けないイメージだったのですが、今回の役はかなりプレイボーイで、そうした役をとおして見ると、スタイルも良いし、肌もきれいだし、なかなか正統派和風イケメンなのですね。
タイプではないけど。
ぴったりした白いパンツなどが良くお似合いでした。
まわりにいる、歴代のガールフレンドたちも、皆さん魅力的です。

ドラマとして、とても丁寧に作ってある感じで、一話みるだけで映画を見たくらいに満足。
コマ数が多いというか、話が濃い~です。
普段のドラマにありがちな、”旬なタレントさん出してみました”というのも無く、TV局も気合を入れればこういういいドラマが作れるのですね。

舞台になっている、富良野のガーデンは、このドラマのために2年前から造営されたものだそうで、風になびくたくさんの種類のワイルドフラワーが本当にきれい。
独特な花言葉の面白さとともに、花のイメージが頭の中に残っています。
お花屋さんが舞台だったのに、花に関しての印象がぜんぜん残らなかった某ドラマとは大違い。

このガーデンは、この夏、一般に公開される予定だそうなので、機会があったら行ってみたいなぁ。(って、日本に帰る予定も立てていないのですけど 笑)
バーモント州にある、ターシャ・トゥーダーさんのお庭も行ってみたいんですけどね。

というわけで、大変満足したドラマでございました。
by daysofWLA | 2009-02-08 19:56 | TV

super bowl XLIII

アメリカに来てもうすぐ丸5年、スーパーボウルというものを初めて見ました。

毎年のように、試合が終わった翌週のESLのクラスで、ハーフタイムショーや、合間のCMが話題になっていて、「来年こそ、みなくちゃ」と思い続けて、早数年。
ついに悲願の、、、なんて大げさなものではないのですが。猫と遊んだり、ギターの練習しながら、だらだら見てました。

アメフトの試合自体を見るのも初めてで、ルールも知らないし、CMだけ見れば良いやと思って見始めたのが、2ndQuarterの途中から。

以前、お友達から「HDのテレビでスポーツを見ると、ものすごくきれいですよ」と言われていて、今回うちのテレビで初めてスポーツ中継が映されたのですが(普段スポーツは見ないので)、チャンネルを合わせてびっくり、ホントきれいでした。
人間が3Dで浮き上がっているみたいに見えます。

試合の方は、職場の学生さんが応援する、彼の地元の黄色いチームが赤いチームに勝っている様子。そのうち黄色いチームの大きい選手が史上最高の100ヤードを走ったらしいというのが分かって、ハーフタイムに突入。

わずかなCM数本分の間に、フィールドにステージが出来て、アリーナ席にお客さんがたくさん入って、その早業ゆえに、試合とは別のスタジアムでショーだけやっているのかと思ったほど。。
実際ショーが終わったあと、サーっと引いていく人々の足元に、フィールドのラインがみえて、やぱり同じスタジアムでやっていたのだと、改めてびっくりしました。

分からないなりにも、試合を見ているうちになんとなくルールは分かってくるもので、、、赤いチームがタッチダウンというものを決めて、追加点。
前半で、100ヤードを走った選手が、反則により退場したっぽい。。。
と思っているうちに、赤チームがもう1回タッチダウンで、逆転。
「明日は、学生さんはがっかりしているかなぁ」と思っていたら、最後の45秒で、黄色チームがタッチダウン。
倒れた場所が、フィールドの白い縁取り部分だったけれど、あそこは場外ではないのですかね。
ということで、黄色チームが再逆転。

ボールを手にした赤チームは最後まで粘りを見せて、ちょっとずつ進んでいたけれど、残り5秒のところで、ボールが黄色チームにわたって、試合決定。
ど素人が見ても、結構面白いゲームでした。


お目当てのCMは、コカコーラのビンを奪ってしまう虫さん達のがいちばん面白かったです。(英語力要らないので 笑)
トヨタがトラックの火の輪くぐりをするのもインパクトがありましたけど、人材派遣系の会社のCMが多かったのも印象的でした。
by daysofWLA | 2009-02-01 18:18 | TV

お昼のテレビ

うちのテレビからは、朝、Ch18のフジサンケイのニュースが流れていて、7:30になるとCh5のローカルニュースになる。

なので、お昼に帰ってきて、TVをつけると、そのままCh5なのだけど、お昼の時間帯にやっているのは、
どろどろの痴話げんかをスタジオで繰り広げちゃう、Jerry Springer Show
もしくは、
子供の父親かどうかを示すDNA鑑定結果を公開しちゃう、Maury Paterity Test.

どっちの番組も、まあ、よく毎日出る人がいるよね〜と思う。

昨日みたMauryでは、
ある青年の2人のガールフレンドが、それぞれ子供を生んで、そのままだったらJerry Springer Showに出そうな関係なのだけれど、その青年が交通事故で急死。
残された青年のお父さんが、「もし本当に息子の子供たちなら、みんなまとめて俺が面倒見るぜ!」と言い出して、DNA鑑定。
結果は、すべて息子の子供。「あなたはおじいさんですよ~!」と発表されてみんなハグしてハッピーエンド。
みんな一緒の家に住むのかなぁ~、すごいな~

今日のMauryは、20最年上の旦那さんを持つ女性。
なんと、旦那の甥と浮気。
妊娠して出来た子供は、甥の子だと思う。。。
伯父さんに対して、甥は「あんたの奥さんと、、、ごめんなさい」と伯父さんにあやまりつつも、自分の子ではないと言い張り、だんなは「手を出したことは許さん」といいつつ、自分の子であって欲しい、、とDNA鑑定。
結果、甥の子ではなく、喜ぶ旦那。
でも、、、、、

旦那の子でもなかった!

”I accept your appology”とハグして仲直りする旦那と甥。
男たちが喜ぶ中、呆然と泣き崩れる奥さん。
でも、だれも彼女を慰めない。。。。

あ゛~~~
まったく、しょうがないねぇ。


こんなの毎日見るのも、あほらしいのですけどね。
見逃しても、途中でスイッチ切っても全然惜しくない番組なのです。
来週は違うチャンネルを探してみよう。
お昼に、面白い番組やっているのかしら。

そういえば、8つ子を出産したというニュース。
なんと、8つ子の前に、6人も子供がいるのだとか。
それで、不妊治療?
どうも、6人の子供に対する、政府からの育児補助額に不満があって、じゃあもっと増やそうというつもりがあったとかいううわさも聞きましたが、
14人兄弟って、、、。補欠ありで、バレーボールの試合が出来ちゃうよ。
いくら補助があっても大変だろうなぁ。
by daysofWLA | 2009-01-30 15:42 | TV

流星の絆(TVドラマ)

こちら、原作を読んだときは、面白いけどいまひとつ深みがなくてちょっと物足りない感じでした。ドラマでは、その深みの無さをクドカンさんが上手にコミカルに仕上げたようで、とっても面白かったです。

視聴率はあんまりよくなかったんですかね。
劇中劇でいろいろパロディーがあって、楽しかったんですけれど。
特命係長ならぬ、妄想係長とかね。

二宮くんは演技が上手だし、ラストフレンズでDV彼氏で暗かった錦戸くんは、明るいキャラの役だったし、戸田エリカさんは「あら、この人可愛いのね」と再認識。お兄ちゃん2人に可愛がられる妹しーちゃんがはまっていました。


これを見終わったあとで、コードブルーのスペシャル版を見たら、しーちゃんが緋山先生で、その上司の三井先生(りょう)とヘリコプターの操縦士(寺島進)が流星の絆で殺されてしまうママと父ちゃんで、同じ俳優さん使いまわしすぎ~~、と面白かったです。
by daysofWLA | 2009-01-20 09:23 | TV