<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ソイ替えた?

b0066900_1654554.jpg

日本にいた頃、スターバックスで最初にキャラメルマキアートを飲んだとき、「げげ、甘すぎ」と思ったのですが、そのうち急に「おいしい〜」と思うようになって、行くたびに飲み続けていたらものすごく太りました。(理由はそれだけではないのですが)

それ以来、頼むものはたいていSoy Latteにしています。
LAに来てからもずっとそうで、最初のうちは「あんなに濃い味のソイミルクなのにどうして温めてもブツブツにならないのだろう」と不思議に思っていました。
家でコーヒーを飲むときに、熱いところにソイミルク入れると、ブツブツになってしまうことがあったので。

ところが最近、ソイラテを頼むと、何だか水っぽいのです。そのお店だけかと思い、違う店で頼んでみてもやはり水っぽい、そして、前より甘い。
メニューボードを見ると、下の方に"Silk”を使っている様なことが書いてあります。
前は「Soy milkの場合は35cents 増し」だかそんな様なことが書いてあっただけのように思うのですが。
Silk、あんまり好きなsoyじゃないんですよねぇ。前のはなんだったのか今度聞いてみようかしら。前のが良いなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-30 16:37 | 食べること | Trackback | Comments(4)

アリさんの季節

ついに今年も出没しました。
うちのアパート、部屋の中にアリが出るのです。作りのしっかりしたアパートだったらそんなこと無いんでしょうか。
 去年は夫が日本に帰国中に大行列が出来てしまい、掃除機で吸ったりスプレーを買ってきたり大変でした。

このアリさん達、甘いものは好きではなく、チーズやら肉っぽいものが大好物。
そして、しょっちゅう噛みついてきやがりますのでございます。

今年は、巣穴の出入り口がブレーカーの後ろにあるようで、その辺りからワラワラ出てきています。こんな日のためにアリの巣コロリを去年の通り道に仕掛けておいたのですが、道が変わってしまってはしょうがない。

場所を動かす途中で中身の顆粒がぼろぼろこぼれてしまいました。するとそのこぼれた顆粒エサ(実は毒)をアリさんが運び始めましたよ。
見ていて飽きません。
自分と同じくらいの顆粒をせっせと運ぶアリさん達、がんばれ〜、寄り道しないでさっさとお家に持って帰ってね〜、それは毒なのよ〜〜

アリの巣コロリの効果は、たしか巣を丸ごと退治してしまうのだったはず、てことは今日で見納め?

効き目のほどは
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-28 15:35 | 困ったこと | Trackback | Comments(8)

イケナイ組み合わせ

最近、毎週のようにTrader Joe'sでチーズを買います。夫はBrieが好きなのでたいていそれを買うのですが、私はもう少しプロセスチーズっぽいものが食べたくていろいろ試しています。

そして見つけてしまったのが、固さ・色がとてもイイ感じのチーズ。ラベルにはGoat Cheeseとありましたが、もともと臭いものは得意、というか好きな方。納豆は毎日でもOK!、ラムチョップもひんしゅく買いながらもオーダーしてしまうし、以前、スペイン人の友人宅でご馳走になったゴートチーズも美味しく食べられたので、きっと大丈夫なはず!
「責任持って食べるから!」と豪語して買ってみました。

しかし!
夕ご飯の時に切って、口にしてみたら、とっても強気なヤギさん。
ちょっと塩気を足せば食べられるかも、、、と、手近にあったお醤油にちょっとつけて再度挑戦。、、、、むぅ〜〜〜〜。こういうのをeven worseと言わずしてどうする、という感じ。ごめん、ヤギさん。I cannot accept...でした。

発酵食品同士を組み合わせてしまった私が悪かったですね。。

後日、↑のスペインちゃんに引き取ってもらいました。彼女にはacceptableだったようで「美味しかったよ〜」といってもらえて一安心。ご馳走になったゴートチーズもトレジョー産だったそうなのです。ヤギさんにも強いのや弱いのがいるんですね。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-27 14:38 | 食べること | Trackback | Comments(8)

ご飯炊く実験

7/7からのキャンプ前に、現地で落ち合う友人と持ち物分担の打ち合わせをしました。
2泊3日で夕食・朝食各1回をそれぞれで担当することに。

うちの担当の時は「うな丼」にしようかなと考えています。電気が使えないところなので炊飯器は持って行けないし、お鍋で炊くと洗い物とか大変そう(おこげは美味しいけれど)と思っていたら、図書館で借りてきたアウトドア料理の本に「レンジバッグで炊くご飯」というのが載っていました。

レンジバッグといえば、アメリカ人の皆さん大〜好きな”Ziploc”ですからこちらでも簡単に手に入ります。(この料理本、日本の食材を使ったモノばかりで、他のページはあまり参考にならなかったので、、)
さっそく家で試してみました。
b0066900_170016.jpg

まず、ジップロックに無洗米1カップとお水1カップちょっと(1割増しくらい)を入れて、空気を抜いてバッグを閉じます。
大きい方のbagは2カップ入っています。

沸騰したお湯(バッグが半分つかるくらい)の中に袋を入れて、ぐつぐつ茹でること15分。
お米がご飯ぽくなったのが見えます。
そのまま火を止めて、お湯の中に放置(蒸らし)すること15分。
時間は適当です。
b0066900_170274.jpg

じゃーん。
ご飯が出来ました。
b0066900_171644.jpg

この分量だと少し堅めだったので、もう少しお水を増やしても良いかもしれません。

カレーなどの具を煮ているお鍋にバッグを入れておくとご飯も一つのお鍋で一緒に出来る、というのがこの方法の売りのようです。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-26 16:42 | 愉しいこと | Trackback | Comments(2)

musical baton

 昨日はsakura_usさんとイケメンに会いに行ってきました。映画はもちろん良かったのですが、それより予想以上に彼女がさわやかで可愛らしい方だったので、とても楽しい1日でした。あんな可愛い人に渡されたら、「うん」といって受け取ってしまうしかないでしょう。

「どんな音楽聴くの?」と聞かれると困ってしまうことが多いのです。きっと「どんな?」じゃなくて「誰の?」だったら答えやすいと思うんですけど。他のことは割と広く浅くタイプのくせに、気にいった人のアルバムは揃えたい方なので、レパートリーは拡がるような狭まるような、、、。まあこんな感じでございますわ。

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
iTuneに3.79G入っていました。多く、はないですよね。iPod miniに収まる程度だし。

Q2、今聞いている曲
先に謝っておこう。ミーハーなんです、ごめんなさい。
”incomplete/Backstreet Boys”
FMでヘビロテされているのに飽きたらず、買ってしまいました。そしたらmovieも付いてきて嬉しかったのです。

Q3、最後に買ったCD
いちばん最近にiTuneで買ったのは↑も入っている”Never Gone”ですが、ディスクを買ったとなると、”秘密/スガ シカオ”ですね。シカオちゃん好きなんです(告ってどうする>自分)。もちろんiPodにも入れているんですが、LAの天気とあんまり合わない気がしてちょっと残念。

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
1.All wanna Do/ Sheryl Crow
この曲ってLAの地名がたくさん出てきますよね。ご当地ソングって事で気に入っています。とくにSanta Monica Blvdを通っているときにかかると嬉しいのです。

2.ココニイルコト/SMAP
  またまたミーハーでごめんなさい。提供はシカオちゃんなのです、ていうのはあとで知ったんですけど。曲の中で木村君の声が「ウゥ、、」となっているところが好きです。彼らのお歌のレベルがあまり気にならないのもヨシ。

3. Tom's Diner/ Suzanne Vega
こういうブツブツつぶやくような曲、好きなんです。サザンの「愛の言霊」の最初の部分とか、ポルノグラフィティのサウダージなども私にとっては同じ系統です。それにこの曲、in やらonやら atといった前置詞の使い方が為になるような気がして。。。

4. ........./ ミスチル
 題名が分からないのですが、「風邪が移るからキスはしないでおこうと言った、、、今となれば、、、、」という歌詞が入っている、彼女に振られる曲です。何だか耳に残ってずーっと気になっている曲なのです。これを機に題名が分かったら嬉しい!

5. When a man loves a woman/ Micheal Bolton
何枚かある「夫も同じの持っていた」CDの一枚。まさかこの曲をカラオケで歌おうとする人と一緒に暮らすようになるとは。うぅ。映画はアルパチーノじゃなくってアンディ・ガルシアがとっても良かったですね。


Q5、バトンをお渡しする5名さま
さて、5名ですか。コメントでお話ししたことのある方はほとんどバトンを受け取っていらっしゃるようですし。どうしましょう。
一人目は日本へのお引っ越し準備でお忙しいとは思いますが、blogを通じて最初に見つけたご近所様ということでtakekuraemiさん、バトンは日本に持って帰っていただいても大丈夫と思いますので。二人目は、祝ご結婚一周年、歯の治療体験仲間のeugeenさん。三人目は、この方の音楽事情をのぞいてみたい気がするpasoconboyさん。四人目は、私がLA某所でお見かけしたとたんにNY移られてしまい、「サインでももらっておけば良かった」と後悔しているとっても可愛いあの方に
失礼は承知の上、ダメ元でバトン(しかも初コメント)を送ってみようと思います。
バトンを送らせていただいた皆様、どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-21 23:30 | 愉しいこと | Trackback(2) | Comments(12)

Audio Book

 同僚の人たちとはずいぶん話が通じるようになってきたと思うのですが、私の英語が上達したからというよりは、彼らの「聞き取り=アヤシイ英語を理解する力」がアップしたというのが大きいかもしれません。
 その証拠に、最近、席替えをしたら他の人と話す機会が減ったようで、英語が以前より怪しくなってきました。英会話のクラスもお休みに入ってしまったので、仕事中にAudioBookを聞くことにしました。

仕事中に良いのかな?何か言われるまでは良いのです!ということにします。

本の朗読を聞いているだけなので、話す量が増えるわけではないのですが、英語のリズムを聴いているせいか、口のまわりが良くなるような気がします。

とりあえずiPod miniに「ハリーポッターと賢者の石」を入れてみました。8時間半もあるんですよ。初日はロンドン駅に行くところまで聞きました。
b0066900_1644061.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2005-06-13 15:41 | LA生活 | Trackback | Comments(4)

ため息の時間

唯川恵さんの短編集です。
男性の視点から書いたという、女性にとってはかなり身勝手な男性ばかりが出てくるお話が9つ。
たとえば第一話「口紅」は余命幾ばくもない奥さんからザクロ色の口紅を買ってきてくれと頼まれ、愛人に頼んで買ってきてもらう夫。結婚前から妻の化粧を嫌い、妻は女ではなくあくまでも妻、としてしか接しなかった夫。妻が死んだ後に、少し見下していた友人から、妻が夫の前ではつけなかったザクロ色の口紅をつけた姿で、その友人の夢に現れたときき、妻をどれほど理解していなかったかを初めて思い知るというお話。
亡くなってから、知っても遅いのですよね。

「バスストップ」という作品は、妻が従順で納得ずくの様に見えるのを良いことに、(これまた)浮気を繰り返してきた夫が、ある日愛人との旅行から帰ってみると、妻は娘を連れて家を出ていたという話。それまでの妻は、毎日手の込んだ朝食を用意し、スーツやシャツはきちんとクリーニングとコーディネートをしてあげ、生活費以外は全て夫の自由に使えるお金、つまらない会社の愚痴もおとなしく聞く、子供の教育問題も一人で何とかしている、という正に良妻賢母だったので、愛人と再婚したあと自分がいかに「手のかかる夫」に仕上げられていたかを(これまた)思い知るというストーリーです。面白かったのは、これとそっくりなストーリー、でも視点は妻の側から、という作品が、「ゆうべ、もう恋なんかしないと誓った」の中に入っている入っているのです。その「計画」という話を読んだときに「こわ〜い」とゾクゾクしたのを覚えていたのでした。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-10 14:16 | 読んだもの | Trackback(1) | Comments(2)

都会で巣作り

UCLAのあるwestwoodエリアは、freeway405も近く、大きなビルや映画館、レストランもたくさんある地域です。そんな人通りの真ん中で、しかも映画館のてっぺんに巣作りをしたタカがいるのです。

その映画館は、最近ではスターウォーズIIIのプレミア上映があったりした有名な通称Foxシアター。
b0066900_16483635.jpg


そのタワーの上のスキマに彼らは巣を作ったのです。見に行った日は、ちょうど1羽がwestwood上空を旋回して、巣に帰ろうとしているところでした。何周か飛んだあとで、ちゃんとFoxのタワーにご帰還。(タワーの右側に止まっています)
b0066900_1649336.jpg

もう一羽も出てくるかなと思い、スターウォーズ待ちの人を横目にしばらく空を見上げていたのですが、見えたのは1羽だけでした。

もっとちゃんとした写真はこちらでも見られます。

頑張ってヒナが育つと良いですね。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-07 16:34 | LA生活 | Trackback | Comments(1)

Howl's Moving Castle: ハウルの動く城

テレビの「アルプスの少女ハイジ」や「未来少年コナン」、そしてナウシカ、千と千尋と観てきた宮崎アニメ好きとしては、この映画がアメリカでも上映されると聞いて楽しみにしていました。
いよいよ6月17日からWestwood villegeの映画館でも上映されるようです。ポスターが貼ってあったので日にちを確認してきました!!
b0066900_16444797.jpg


日本版は宮崎アニメ史上一番の美少年ハウルの声を木村拓哉さんが演るというので、賛否両論あったようですが、個人的には役のイメージを壊していないと思いました。
あとは倍賞智恵子さんがされたヒロイン、ソフィの声にもいろいろな意見があったようですが、お話の中で年取ったり若返ったりする役を上手に出来るのはさすがだなぁと思ってしまいました。

英語版ですが、ハウルの声はクリスチャン・ベールさんがされるようです。(調べてみると最新のバットマン役の方のようで)
Trailerを見てみたら、ハウルもソフィも日本語版の声とよく似た雰囲気になっていて、かなり期待出来そうです。お話の舞台がヨーロッパのどこかの街という雰囲気なので、英語でも全然違和感ないでしょうね。

上映が待ち遠しいです。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-05 15:55 | 観たもの | Trackback | Comments(5)

Yard Sale

土曜日起きてみると、超ローテンションの悪妻を気遣ってか、夫が自転車も出品しているガレージセール、ヤードセールのリストを作っていました(マメ夫君だ〜〜)。良いのがあったらみっけもンだね〜〜なんて話しつつも、午前中はいろいろとすることが入ってしまい、最初のお宅に着いたのが2時過ぎになってしまいました。
 お庭に並べてある商品の一番奥に、まだ自転車も売れずに残っているようなので、とりあえず車を降りてみることにしました。お庭の木にブランコが下がって、芝生の上で親子3人でのんびりとヤードセールを楽しんでいるという雰囲気です。
、、、、近づいてみると、「どうしてこういうものを売ろうと思ったのだろう??」というほど、かなり古いものばかり。ある意味、感心してしまいました。今から思うと値札も付いていなかったので、もしかしたら値段はなかったのかしら???

ロサンゼルス生活 ヨガ日記のsakura_usさんによると、月初め、朝一番、品揃え豊富、というのがコツだそうなので、「お昼過ぎ」に行ってしまった私たちが、「いいモノ」に出会える可能性は、かなり低かったのでしょうね。

 結局、時間的に他のSaleは見に行けなくなってしまったのですが、あのお宅の、売れ残り品達が次のヤードセールまでとって置かれるのか気になります。
[PR]
by daysofWLA | 2005-06-04 17:06 | LA生活 | Trackback | Comments(4)