<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3日目;ヨセミテ横断~マンザナール

この日の予定は、ヨセミテ国立公園を横切って、シエラネバダ山脈沿いを通るFW395に抜けそのままLAまで帰るというもの。
3日目にして、ついにのんびり旅行計画は崩壊しました!!
この日の走行距離は600マイルを超えたみたいです。

ヨセミテを横断するルート120号線は、本によっては冬季閉鎖と書いてあったり、HPでチェックすると日替わりで開いていたりと、行ってみないと通れるかどうかがわからない道なのでした。

朝、公園ゲートで聞いて見ると、ラッキーなことに
「今日は通れますし、チェーンもいりません」
とのこと。

よし!

一路、ヨセミテバレーに向かう予定が、、、

b0066900_16484037.jpg

やっぱりつい寄りたくなってしまった、絶景ポイントその1、Glacier Point.
この眺めは何度みてもすばらしい。冬は特に空気が澄んでいる気がします。
でも寒かった~~~。

そして、120号線沿いに広がるのは、どこもかしこもパノラマモードで撮りたいような、
雄大な景色でした。
道路沿いにはところどころ雪が残っていて、川や池は凍っている~~
寒い〜〜〜〜。
b0066900_16514169.jpg


もしかして、閉鎖直前のこの時期って一番良い季節だったんじゃないなんていっているうちに、Moro Lake が見えてくると、そこが395号線です。
b0066900_1791282.jpg


395号を南下して、途中のマンザナール収容キャンプ跡に立ち寄りました。

More
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-25 12:44 | 旅行のこと | Trackback(1) | Comments(2)

2日目;セコイア&キングスキャニオンNational Park

カリフォルニアに来てから訪れる、5つめの国立公園です。

夏場は家族連れキャンプで大人気のこの公園、公園こよみで冬のこの時期は(夏=メモリアルデーから10月末までだそうです)、キングスキャニオンの大部分が閉鎖されてしまいます。

それでも、公園内で一番大きいセコイアの木(シャーマン将軍の木)を中心とするエリアや、
b0066900_14214282.jpg

倒れたセコイアを車で通り抜けられるトンネル、
b0066900_14224236.jpg

アメリカのクリスマスツリーと呼ばれるグラント将軍の木などは見られました。
b0066900_14243939.jpg


人が少ないので、写真もゆっくり撮れるし、みるところが少ないので一箇所ずつでのんびりできるし、こんなペースの旅行もいいものです。

Giant Groveというところは、セコイアの木があまりにも普通に、そこかしこに生えているので、”珍しい巨木”というのを忘れて、たいしたこと無いかな?なんて思ってしまったのですが、次の日に行った場所で、普通の杉しか生えていない森を通った時に、やっぱりあそこは不思議な空間だったんだと改めて思い出し感動しました。

次に行く時は聴診器を持っていって、木の中を流れる水の音が本当に聞こえるのかどうか、やってみようと思います。

もうひとつ、がんばって登ったのがMoro Rock
ヨセミテのハーフドームと同じ原理で盛り上がって出来た岩だそうで、ほとんど梯子を登るような急傾斜の階段(がちゃんと付けられているところがすごい)を300mほど登って頂上に立てます。
空気が薄いので、ちょっとつらい。
下から見るとこんな感じ。
b0066900_1434037.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2006-11-24 08:27 | 旅行のこと | Trackback | Comments(2)

1日目;かぐわしい街、フレズノ

LAから、FW405をとおって、HW99を真っ直ぐ行ったところにある農業の街フレズノ。

なんでも、大規模な灌漑事業によって一大農業都市へと大変貌を遂げた街だそうで、そこにいたる道沿いは、ぶどうやオレンジなどの果樹園や、牛が放牧されている広~い○○Ranchなんてのが広がっています。

ヨセミテやセコイヤ&キングスキャニオン国立公園にも1時間くらいでいかれる場所にあるため、旅の拠点となるモーテルが99号線沿いにものすごくたくさんあります。90軒もあるのだとか。

ドライブ中に何度か夫に濡れ衣を着せられた原因は、やっぱり牧場や肥料のにおいのようで、うっかり油断すると車の中に、ぷ~~~んと外の空気が入ってくるのです。
モーテルに着いても、建物の外はかなりかぐわしく。

高速道路を真横に眺めながら、一気に農村気分へといざなってくれる街なのでした。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-23 18:17 | 旅行のこと | Trackback | Comments(2)

急遽、旅行へ

ここのところ、仕事の締め切りやら追い込みが立て続けに入って、
激務の日々だった夫が、
「さすがにサンクスギビングは休む」
というので、
ひさーしぶりにお出かけしてきました。

デスバレーに行って以来、すっかりキャンプもご無沙汰なのですが、この時期はキャンプ場もしまっているところが多く、
そして、きっとものすごく寒いので、
モーテルに泊まりつつ北のほうにドライブする旅行
ということにしました。

水曜の夜に、私は今ひとつ気持ちが盛り上がっておらず、
(直前まで出かけるかどうかがわからない状態だったので)
本当に行くのかなと思いつつ早く寝てしまったのですが
夫は、あちこち調べて、行く場所を決め、モーテルの予約まで取っていました。

えらい!!


せっかくのお休みだし、張り切って朝早くから動き回るのも疲れちゃうしね~~
という意見が採用されて、
11/23午後 出発 夜 モーテル泊
11/24 普通におきてゆっくり観光 夕方にはモーテルに着く
11/25 普通におきてゆっくり観光 夜ご飯までにはLAに着く
という、お年よりモードな日程になりました。

なので、サンクスギビングデーにはのんびりと寝坊して、ゆっくり朝ご飯を食べて、のろのろと準備をして(私が自分の服だけを用意する間に、他のものはすっかり車に積み込まれていた;
えらい!!!
>夫)、ゆるーい感じで旅に出かけましたとさ。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-23 11:41 | 旅行のこと | Trackback | Comments(2)

Thanksgivingランチ

今年は、恒例のボス宅お呼ばれがなくなり、
代わりに、ラボメンバーでランチに出かけました。
家族やBF、GFも連れてきていいよ、ってこと
だったんですが、平日だしランチだし、そうそう
暇な家族もいないわけで、、、、。
結局、ボスが連れてきた、高校生の娘さんが参加した以外は、
まるでカワリバエのしないメンバーでした。
b0066900_11293182.gif


行ったのはSanta Monica blvd沿いにオープンした
Hop Liという中華レストランですが、
ここは、同じ名前の以前からPico blvdにあるお店が、
JRという中華レストランを買い取って、
店名とオーナーがかわったというものです。

JRという名前の頃には、知り合いの中国人が皆、
”この辺りならあそこがベスト”と言っていて、
閉店したことを残念がっている人もいました。
でも、一度連れて行ってもらったときには、それほど美味しいと思わず、
自分達でまた行こうとは思わないお店でした。
味付けがかなり濃くて、MSGもたっぷりという感じで、たぶん、本場の中華料理に近い味付けなんだろうなぁと想像していました。


HopLiはというと、Pico店では"No MSG"を表示してあるし、
味付けも広東風というか、日本人好みのように感じて、
我が家はしょっちゅう通っているのですが、
中国人に言わせると”えぇ~~~、HopLi?あそこはちょっとね”
という味なんだそうです。

面白いです。

Santa Monica店がオープンしてから、新モノ好きとしてさっそく行ってみたところ、これが不思議。
Pico店と同じメニューにもかかわらず、味が違うのです。
しかも、やっぱりイマイチ美味しくなかった。
ウェイターさんたちがJRの頃と変わっていないところから想像すると、シェフもそのままなのかしら。

なので、今回のランチでSantaMonica店に行くと聞いた時には、
内心「Pico店のほうが美味しいって言った方がいいかな」
なんて思っていたのですが、言わなくて大正解。
食べ終わった後にボスが
「Pico店よりこっちの方がずいぶんおいしいだろ~~」というのです。
同僚の中国人も賛同していたので、やっぱり味覚が違うんだなぁ、、、と
あらためて、納得しちゃいました。

もし興味のある方がいたら、Pico店とSanta Monica店、どっちが好みか試してみてください(笑)
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-22 13:01 | 食べること | Trackback | Comments(0)

五目ならぬ、四目豆?

小学校の給食メニューの中で、一番嫌いだったのが、”五目豆”。
煮物系全般に共通する、ちょっと甘い醤油味と、ニンジン、そして、やわらかくなった昆布の組み合わせが、だめだったんですねぇ。
b0066900_12153550.jpg

それを作ってみようかと思ってしまうのが、ん十年という年月の恐ろしいところ。

というのも、ここのところ、髪の毛の量が急激に減った気がして、、、、。
調べてみると”イソフラボンがいい”とか”ゴマがいい”とか。
そして、キッチンの棚の中には、しばらく前に、黒豆と思って買った”黒い皮の大豆(薄皮の中の豆は白い)”が一度料理してみたっきりたっぷりと残っていたので、まあとにかく煮てみましょうということに。

圧力鍋なしだと、やわらかくなるまでに3晩くらいコトコト必要でした。
とりあえず手元の材料を細かく刻んで、ニンジンと椎茸と、昆布。
何かひとつ足りないのだけど、、、、。こんにゃくだったか?

味付けを好みで変えられるのが自分で作るいいところ。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-19 12:01 | 食べること | Trackback | Comments(0)

ニューポートビーチの霧

大学の部内発表会みたいなもので、金曜日の夜から1泊でニューポートビーチに行って来ました。

会場は、ハイアット・リージェンシーホテル。
最近、あまりお出かけしていないのもあって、Fashion Islandも近いし、ビーチやマリーナもすぐの場所とあって、ずいぶん楽しみにしていたのですが、((^_^;)\(・_・) オイオイ)
プログラムが会場に着くまで配られず(よって、さぼる予定が立てられない〜〜大学側もよく考えているなぁ)、あと、車は同じラボの人が連れて行ってくれることになったので、帰る時間もその人次第。

なんてことで、どこにも寄らず、帰ってきました。
ん〜〜〜、残念。

まあ、行こうと思えば、日帰りで遊びに行ける距離なんですけれどね。
せっかくだからぶらぶらしたかったような気も。

ホテルは建物があちこちに散らばっていて、なかなか良い雰囲気でした。
全体に新しくて清潔だし、一階の部屋からは、そのままお庭に出られるっていうのが気に入りました。

写真は金曜の夜、ホテルのバーの前にあるパティオみたいな場所にて。
結構涼しくなったせいか霧が出ていて、ちょっと幻想的。
b0066900_11373391.jpg


実はこのイベント、今までも毎年開催されていたのですが、行ったことがありませんでした。それが今年はどういう風の吹き回しか、ボスが全員連れて行く気になったみたいなのです。そうは決めたものの、いざ全員を連れて行くとなると彼にとってはそれなりの出費。周りの人にボスらしく見せるのも楽ではないと分かっちゃったみたいで、出発前の吝嗇家ぶりが面白かったです。

さてさて来年は、どういう風が吹きますやら。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-17 21:15 | 旅行のこと | Trackback | Comments(2)

たわしまつり

前回、記事にしたアクリルたわし、
使ってみたら糸が太すぎるせいか、使用後の水切れが悪くイマイチだったのでした。
で、細めの毛糸を買ってきて、
しかも4玉も(だって色が決められなかったのだもの)(..;)""""> ポリポリ
編みまくりingなのです。

最近すっかり夕食後に編み物するのが、日課になってしまい、お休みの日もあみあみ、
あみあみあみあみあみ あみあみあみあみ 、、、、、

気づいたらこんなに。
b0066900_16565112.jpg


ほら、いろいろ編み方を見つけると、試したくなっちゃうのです。
短時間で仕上がってしまうのも、一話完結ドラマみたいで楽しいし。

最近のニュースでは、こんなドラマも企画されているとか?
あみもの熱、来るかもしれないですよね〜〜〜。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-10 22:15 | 愉しいこと | Trackback | Comments(10)

キャンプ

昨日の夜は、ごはんを食べたら、なんだかぐぅ〜〜〜〜と疲れて、
気づいたら、今朝ソファにいました。

夫は?
と見ると、、、、
”even worse”
ソファの足下の床にごろり

二人とも、人間としてどうなのよ。


といいつつも、今日から3連休。
シャワーを浴びてヨガに行ってこよう。
[PR]
by daysofWLA | 2006-11-10 06:30 | myself | Trackback | Comments(2)