人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

歯茎の手術

今日から仕事始め。

けれど、私は朝イチで歯医者の予約を入れていたのでした。
というのも、左上のいちばん奥の歯を包んでいる歯茎が大きなポケットになってしまったからです。

歯茎のポケットというのは、定期クリーニングのときに歯と歯茎の間に小さなプローブをさして検査されます。
いままで、歯茎は問題なかったのに、急にその1箇所だけ悪くなっているのが見つかりました。
ある程度の深さだと、毎日のフロスやブラシで浅くなるそうですが、深くなってしまった場合は、復活しないし歯垢がたまって歯周病になた利するので手術となります。

イメージでは、ぺろぺろしている部分をちくちくっとまつり縫いのようにするだけかな、surgeryとか言っちゃって大袈裟な!と思っていたのですが、実際はもっと本格的なものでした。

この先、かなりbloodyな話なので、嫌な方は読まないでください。




普段のシートに座ると、ヘアキャップとゴーグルを装着させられます。
次が麻酔。通常の虫歯治療よりも、深くたくさん注射しました。
麻酔が効いてきたら、へらみたいなもので、ゴリゴリと歯茎を歯からはがしていきます。
対象がいちばん奥歯なため、はがす部分が表・裏・奥の三方向あるようで、特に奥は器具も届きにくくて、大変なのです。
へらではがし終わったら、ドリルで何かをゴリゴリ削っていきます。
麻酔が効いているので、痛くはないのですが、ゴゴゴゴっとすごい音がします。
治療が終わったあとで、先生が「予想より骨が多くて、、なんたらかんたら」といっていたので、歯の下の骨が見えるくらい歯茎をはがしたのかと想像すると怖いので、あまり考えないことにします。

私はもともと嚥下反射というのでしょうか、普段の歯磨きでもかならずオエッとなってしまうくらい、口の中を触れるのが弱いのです。
特に、今回手術となった左奥がいちばん敏感みたいで、そこをつい磨き残してしまうのも、ポケットの原因ではないかと想像しています。
もちろん、その歯はとっくに治療済み。

加えて、今朝は鼻がほとんど詰まっていて鼻呼吸が出来ず。
さらに、助手の人の吸引があまり的を得ていなくて、唾液や出血がすぐ口の中にたまってしまいます。
そんな悪条件が重なって、麻酔を打ち終わる前から、ドリルが終わるまで、

刺しますよーチクッ、おえっ、ゴリゴリゴ、おえっ、ゴリ、おえっ、ゴリゴリゴリ、おえっ、
血の味が気持ち悪いです、、、と訴えると、
麻酔をもうちょっと増やして、出血を抑えようとしてくれたのですが、あまり変わらず。
出血をふき取るためのガーゼで、また、おえっ。

は~い、じゃあ一息ついて次はドリルだよ、口あけて~、って言われているだけなのに、
おえっ、
ゴゴゴゴ、おえっ、ゴゴゴゴゴゴ、おえっ、ゴゴ、おえっ、
という有様。

胃カメラ以来、5年ぶりに、
産卵するウミガメのように涙が出っ放し、
あごは大きく開け続けていたせいで、筋肉痛のようなだるさ。


2種類のドリルを使ってのゴゴゴゴっが終わったら、ようやく縫い縮めです。
ボタンをつけるくらいの太い糸でちくちく縫っています。
長い糸が舌の上をずずずーとなでていくのも気持ち悪かったですが、全部が終わったあと、手術部位をガードするためにはめられたパテのようなものが、気持ち悪いの何の。

奥歯を取り囲むようにして、上あごにもはみ出た部分が違和感ありありです。

抜歯の予約と、会計を済ませる間にも小さく、おえっ、おえっ。
信号を待つ間も、おえっ。

こんなんじゃ、歯並びの矯正で何年も器具を装着するなんて絶対無理だなぁと思いながら、涙目で職場に出勤。
2時間くらいたって、ようやくガードに慣れてきました。
これから1週間、抗生物質を飲みます。

あぁ、もうこんな手術はしたくないから、歯磨きをもっとまじめにしよう。。。。泣)
by daysofWLA | 2009-01-06 09:00 | 困ったこと

決めちゃいました

今日、正式にアダプションの予約をしてきました。
他の施設は、わりとどこでもすぐ抱っこさせてくれるのですが、今日行った施設は
1)アドプションの意思の申し込み
2)動物のいる部屋を見に行く
3)カウンセラーと面接
4)希望にあう子、おすすめなどを教えてもらいながら、選び、お見合いの予約
5)小部屋で実際に触らせてもらってお見合い(出来れば家族全員と)
6)正式申し込み
と、お見合いの当日まで触らせてもらえないシステムでした。

とくに、選んだ猫は最初に見に行った日にはavailableでなかったので、4)から5)までに数日、開いてしまいました。

しかも、まだ連れて帰れる状態でないので(避妊手術やマイクロチップ装着が済んでいないため)うちに来るのはもうちょっと先になりそうですが、とりあえずは決まって、一安心。


今日もらってきた、里親さんパッケージには
・施設で食べているペットフードのサンプル
・猫を迎えるにあたっての注意事項が書かれている簡単マニュアル
・施設近くの獣医さんやシッターさんの情報
・ペットショップのクーポン
などが入っていたのでした。

楽しみだなぁ〜。
by daysofWLA | 2009-01-04 11:00 | 猫のこと

お正月の食卓

バルタン星人あらわる!
b0066900_1639876.jpg








しばらく経つと赤くなってきます(笑)。
これがアペタイザー。
b0066900_1639523.jpg



海老をむきむきしながら食べているうちに、メインディッシュが出来ました。
b0066900_16404285.jpg

でかっ!
鯛の塩焼きです。
おなかに詰めたのがイタリアンパセリなので、ちょっとオリーブオイルをスプレーして焼きました。そのせいか、焼き上がりがふっくらジューシー。
大きな骨はとっておいて、スープをとり、次の日においしいお味噌汁になりました。


大晦日にデザートワインと一緒につまんだお刺身。
b0066900_16413286.jpg

夫と私で好きな魚が違うので、用意する種類が増えます。
お互いに、「一切れもらうね〜」と味見をしつつも”自分の好きな魚の方がおいしい”と思っていたり。


次の次の日はお刺身の残り?で、”雲丹いくら丼”
イクラをたくさんのせると、卵かけご飯の味になりますね。
b0066900_16425861.jpg




あ、これ、磯部巻きですが、お醤油に溶かしてあります。
雲丹を。
おいしいのです。雲丹好きなのです。ウニウニってしつこくてごめんなさい。
b0066900_16434815.jpg



1月3日には、マンマ・ミーアのDVDを観ました。
ピアース・ブロスナン(元007)が好きなのですが、お腹ポッコリオヤジになっていたのと、歌がヘタ&歌っている時の顔が変だったので、がっかりしちゃいました。
でも、映画自体は、きれいな景色とガールズ(メリル・ストリープもgirl)パワーが満載で楽しめました。
by daysofWLA | 2009-01-03 18:28 | 食べること

2009年お正月の風景

b0066900_1749491.jpg
なが〜い冬休み、、、といいながらも、クリスマス当日、大晦日、元日と出勤の予定が入っていた我が家(あ、とびとび出勤は私のみで夫は毎日お仕事行ってました)。

大晦日も午後からお正月用のお刺身を買いに行かなくちゃね〜と予定しつつ、急遽、ちょっと離れたシェルターにかわいい子がいるという情報を見つけてしまったりして、、つい行ってしまったりして、、、でも大晦日なのでシェルターは早く閉まってしまい、会えなかったりしたのです。ざんねん。









準備は万端なのに(笑)
b0066900_17513699.jpg

craigslistで手に入れた、新品ネコトイレ&ライナー


大晦日って、おうちでは何を食べますかねぇ。
実家は、年越し蕎麦は紅白が後半に入ってからだったので、その前になにか鍋物でも食べていたような。。。

今回はお蕎麦が夜ご飯。
鶏団子&揚げ入りにしてみました。
b0066900_17533134.jpg

鶏団子は山芋を入れたのでフワフワです。

夫が唯一飲める(=好きな)”甘い”ワイン。
b0066900_17554040.jpg

デザートワインなのに(爆)、お刺身(お正月用のをちょこっとフライング)とあわせて、酔っぱらって早々にキャンプインした方、約一名。


明けて元旦。
お雑煮と黒豆で朝ご飯。
前の晩の鶏団子、実は多めに作ってあって、お雑煮用のスープもそれをリサイクル。
b0066900_17565338.jpg

黒豆、今年は柔らかくなったのですが、なぜか豆が赤くなりました。


引っ越して、職場に徒歩で行けるようになったので、休日出勤もお散歩気分です。
さすがに元日は人も車も少なくて、お天気も良くて気持ちいい。
b0066900_17591929.jpg
b0066900_17595628.jpg
b0066900_1802556.jpg

by daysofWLA | 2009-01-03 00:23 | LA生活

The Curious Case of Benjamin Button

2009年 明けましておめでとうございます。
引っ越し後に住所変更のお知らせもかねて、ちゃんとクリスマスカードを送ろうなんて思っていたのですが、実際には年賀状にも間に合わず、、、
そんなわたくしですが、今年もよろしくお願いいたします。


さてさて、
インディ・ジョーンズを観に行った時だったかな?予告を見て以来、ずーっと気になっていた映画を見に行ってきました。
日本だと1月1日は映画が安い日=混んでいるイメージでしたが、
アメリカの1月1日も映画館にはたくさん人がいました。
もしかしてクリスマス休暇が終わって、1月最初の普通の祭日という感じなのでしょうか?

映画の方は、久しぶりに”見応えある”お話で、文句なく面白かったです。

ブラッド・ピット演じるベンジャミン・バトンという人が、若返っていく映画なのですが、これがすごい!

ブラッドピット本人が若い頃、周りがきゃーきゃー騒いでも「そんなに言うほど格好良いかな?」なんて思っていた私でも、思わずほぉ〜っと見とれてしまうほど格好良くなっていくのです。

なので、ファンの方はなおさら劇場に行かれるとよろしいのでは(^.^)
by daysofWLA | 2009-01-01 18:10 | 観たもの