<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

インシテミル

すでに映画になっているミステリ小説です。

時給112000円という高額バイトに応募した12人の被験者が、とある建物で7日間過ごすというもの。
ひとりずつに鍵のかからない個室と、他人には秘密の武器が与えられ、夜の間は各自の部屋で過ごさなければならないというルール。
7日間のうちに建物内で起こったすべての出来事には、被験者は刑事責任を問われることはないという保証付き。それが傷害であっても、殺人であっても。。。
何も起こらずに7日間を過ごした場合のバイト報酬は約1800万円。
それが、殺人を犯した場合、探偵役として殺人犯を言い当てた場合、探偵役を補佐した場合などにはx○倍のボーナスがつくとのこと。反対に犯人として監獄に入れられた場合や、指名した犯人が違っていた場合には減額されてしまう。
初めのうちこそ、「みんなで穏やかに過ごしましょう」という雰囲気だったのが、最初のひとりが何者かに殺されたことによって、全員が疑心暗鬼になってしまうという心理状態の変化とそれによってとられる行動を何者かがモニターして楽しんでいるというからくりなのです。

閉鎖空間の中の12人がぴりぴりとヒステリックになっていくかと思いきや、なんだか読んでいてもあまり緊迫感がありませんでした。
さらっと読み終えて、なんだかぱっとしなかったので、珍しくもう一度ゆっくり読み返してみました。
謎解きが分かった状態で読むと、とっても印象の薄い伏線や、ヒントが隠されているのに気づくのですが、あんまり効果的でない印象は変わらず。
レビューは結構よいみたいだけど、いまいちでした。
面白くないワケじゃないのです。
素材は面白いのになぁ。同じ内容で、伊坂幸太郎に書いて欲しい。。。。

12人という登場人物が多すぎるのかも、と思ったら、映画では10人に減らされているようです。
映画の予告を見ると小説よりもスピード感がありそうな雰囲気だったので、少しは面白くなっているのかしら。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-29 13:18 | 読んだもの | Trackback | Comments(0)

Tangled(3D)

ターキーパーティの翌日は、久しぶりにヨガも休んじゃおうと決めて、目覚ましをかけずにゆっくり寝ました。
そのまま録画しておいたドラマなどを見ているうちに、その日は終了。

というわけで、連休もあっという間に最終日。

さすがにどこかへ出かけましょうと、映画を見に行ったのです。
見たい映画はいくつかあったんですけれど、トレイラーを見たら怖そうだったり、英語が難しそうだったり(DVDの方がキャプションつきでゆっくり見られるから)で、これに。


DisneyのTangled.
魔法の力を秘めた長〜〜〜い金髪をもつお姫様、ラプンツェル。
赤ちゃんの頃にさらわれたまま、自分がお姫様だとも知らず、18歳になるまで塔に閉じ込められて暮らしています。
そこに現れたのが、王子様ではなくて泥棒のユージーン(アメリカのスケート選手に似てる)。
二人で塔を脱出して、途中ですったもんだあって、最終的にはお城の両親の元へ帰ってハッピーエンド。
という、王道的な単純明快ストーリー。
話はありがちなんだけれど、このラプンツェルがと〜〜ってもキャピキャピで可愛いのです。
攫った魔女は悪い奴だったけれど、上手に良い子に育てたんですねぇ。
やっぱりディズニーやPixerはハズレがないなぁと思いました。
3Dでなくても十分楽しめたんじゃないかなぁという気もしましたけど。


ターキーの残り物;
ターキーラーメン(鶏ソバっぽい)
b0066900_18434129.jpg


クランベリソースonアイスクリーム(これとっても美味しい)
b0066900_18433456.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2010-11-28 17:10 | 観たもの | Trackback | Comments(2)

サンクスギビングの連休

今年は、ターキーを焼いてみようと思い立ちました。

チキンは焼いたことがあったんですが、ターキーとなるとどんなに小さくても7パウンドくらい。
(ベイビーターキーというのもあるそうなんですが)
とても二人では食べきれないサイズですから、お肉OK〜!なお友達に来てくれるようにお願いしました。

せっかくなので、アメリカンなサイドメニューも作ることにして。
スイートポテトやクランベリーを買いに出かけてみると、お店には”Pilgrim”とか”ThanksGiving”用のコーナーが出来ているんですねぇ。
さながらお節料理の材料を買い出しに行く様な雰囲気でした。

ターキーは冷凍のものを買ってしまうと解凍が大変と聞いていたので、すぐに焼ける状態のものをスーパーに注文。”Smallest”でお願いしたら8.3パウンド(約3.8kg)のものが来ました。
面白かったのが、ターキーの中身。
内臓はきれいに掃除してあって、レバーとハツと砂肝が小さなビニール袋に入れられて、首と一緒に入っているのです。
が、レバーは明らかに一部分、ハツは半分に割られたものが1片のみ。
うちのコの残りのレバーやハツはどこに行ってしまったのでしょう(笑)

ま、今回はスタッフィングをパンではなくて「おこわ」にしたので内臓は使わなかったので良いんですけれど。気になる。

レシピを色々と調べたところ、焼き時間もそんなに長くないということが分かり(5−6時間かかる気がしていたんですが、実際は小さめだったのもあって2時間ちょっとでした)一安心。

集まりを26日にしたので、11月25日のサンクスギビング当日は料理の準備(私)と家のお掃除(夫)にあてました。
途中で、遅めのお昼を食べようと、ハンバーガー屋さんに出かけたら、お休みだったり(IN'n'OUT)、午後3時までだったり(Carl's Jr.)。

そんなこんなで下ごしらえをすませて、いよいよ初TurkeyDay、当日。
b0066900_17253424.jpg


こちらが焼く前のターキー。

こっちがアフター。
モモの温度が185Fになったら焼き上がりなのです。
b0066900_17262064.jpg


パサパサにならず、美味しく出来上がりました〜。
このサイズで大人8名分はありました。

胸肉ともも肉を食べ比べてみると、味の違いがはっきり分かりました。
クランベリーソースと合うのは、断然もも肉。すこしニオイが強いのですね。
胸肉は、醤油とか柚胡椒とか和風な味付けとも合うような気がしました。

アメリカの大きなオーブンだからこそ出来るような料理で、作ってみることが出来て楽しかったです。
集まってくれたお友達と、掃除&洗い物を手伝ってくれた夫、良い子にしていてくれたふじ子に感謝感謝です。

b0066900_18123568.jpg


Photos
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-26 13:00 | 愉しいこと | Trackback | Comments(2)

閑古鳥の鳴くWestwood

UCLAのキャンパス周辺はWestwood(ウエストウッド)というちょっとした街なのですが、
このところ、閑古鳥が鳴きまくっています。
やっぱり不景気なんですかねぇ。ぴーよぴよ。

ここも屋外モールのひとつと言って良いような場所なのだけれど、
サンタモニカや他のショッピングモールに比べると格段に多い空き店舗。

たぶん、もともとのテナント料が高いので、お店が撤退してしまうと、あとに入る人がいないのでしょう。お店がないから、人も集まらず、さらに寂れていく悪循環かなぁと思います。

人が集まらないもうひとつの原因は、駐車料金が高いこと。
このあたりにはバリデーション無しでも2時間まで無料というような気前の良い駐車場がないのです。

****Broxtonの通りに18時まで2時間無料の駐車場があるそうです。

昼間に歩いても「いっぱい空いてるね」と思うWestwoodの通り、夜になると空き店舗のところは真っ暗で、街路樹の電飾も営業中の店の前だけ点いていて、かなり寂しい感じです。

さみしい街の写真はこちら
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-23 23:27 | LA生活 | Trackback | Comments(12)

屋台みたいな夜ごはん

サンクスギビングがいよいよ来週に迫って、となるとその後に続くクリスマスも年末も射程圏内に。

カレンダーを見ながら仕事の予定を立ててみたら、年末休みの間の仕事を減らすには、今週中に一段落つけるしかない!ということが分かって、急遽、詰め込みまくってみました。


激務続きの日の夜ごはんはテキトーになりがち。

ある時は、材料ニラだけのなんとも潔いチヂミ。
b0066900_10193134.jpg



またある時は、1人前だけ麺が残っていた焼きそばにごはんを足してソバめし。
b0066900_10193772.jpg

具はキャベツのみ。
(どうして焼きそばって3食/袋で売っているんでしょうね)

そしてあるときは、TraderJoe'sの冷凍チャーシューまん。
b0066900_10194027.jpg

b0066900_10194298.jpg

トレジョーの冷凍焼きおにぎりに続き、これもなかなか出来がよいです。


途中で、鶏レバーの赤ワイン煮なんてものを作った日もあったんですが、
蓋を開けたら、
b0066900_10194791.jpg

落としブタちゃんがひどいことに(^.^)なっていて癒されました。


今週頑張ったので、12月前半は少しゆっくり出来ます〜〜。\(^_^)/うひょうひょ。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-19 21:24 | 食べること | Trackback | Comments(2)

Up in the air/ The hangover

いつもと違う図書館に寄ってみると、見たかった映画のDVDがあったので、借りてしまいました。
平日なのに。
火曜に借りると、木曜のうち(もしくは金曜の朝)に返しにいかないといけないので、ちょっと面倒でした。

でも、どっちも面白かったので見て良かったです。

Up in the Air;
こんな仕事があるのね−というのがひとつ目の感想。
主人公(ジョージ・クルーニー)は企業をまわってリストラ対象者に、解雇の通告と失業後のプランの説明をするのがお仕事です。
アメリカ国内を飛行機でうごき回っているので、自宅にいる日数よりも、旅先のホテル暮らしの方が断然多い生活。
荷物は、機内持ち込みサイズのキャリーケースがひとつ。空港でのチェックインもひたすら効率よく、あちこちのホテルで「お帰りなさい」と言われ、マイレージも溜まりまくり。
家族とは長いこと連絡を取っておらず、彼女とも旅先で会うだけのドライな関係だったのに、
会社に入ってきた新人がビデオチャットで解雇の説明をするシステムの導入を提案したものだから、『定住』しなければならないかも、、と焦るのです。
彼にとっては、旅続きの生活こそが心地よいもの。
だったのに、、、、。件の新人に解雇説明の現場を教育すべく一緒に出かけたり、妹の結婚式に「オトナな付き合い」の彼女を連れて行ったりしているうちに、「定住」も良いかもなんて思いかけたところが、そうは簡単にいかず。
結婚式に集まった家族は、彼のことなどとうに勘定に入れなくなってしまっていたし、「彼女」にも”本来の人生”があったし、、、で再び一人寂しく機上の人となったジョージクルーニーを待っていたのは、念願の1000万マイル到達!!!だったのでした。
このあとも、主人公は出張生活を続けるのでしょうが、カッコイイ独身ビジネスマンと、ひとり身の寂しいおじさんのあいだのうすーい境界線を、保って行かれるのかどうか、面白い終わり方でした。



The Hangover
現在公開中のDueDateという映画が面白そうだなぁと思っているのですが、これがHangoverと同じ監督、同じ俳優さんというので、まずはこっちを見なくては、、というわけ。

もう初っぱなから、ワケ分からず、ハチャメチャで面白いです。

結婚式2日前に、花婿と友人2人、花嫁の兄?弟?の4人でラスベガスにバチェラーパーティに出かけるというのですから、ストリッパーを呼んでどんちゃん騒ぎになることは想像が付くのですが、
ホテルで乾杯のシーンの次に来るのは、騒いだ翌日の荒れ放題のスイートルームとゲロゲロに二日酔いの3人。花婿は行方不明。バスルームにはなぜか虎。クローゼットには見知らぬ赤ちゃん。
ここから、部屋に残された手がかりを元に昨夜の出来事をたどりつつ、花婿を捜すというストーリー。
明かされていく、一晩の出来事はまったくもってあり得ないほどの、めちゃくちゃぶりでしたが、最後に見つかったデジカメの中に残った写真の方がもっとひどいというのも笑えます。

図書館のフロントの人が「この映画、スペイン語で見ると10倍面白いよ」と言っていたんですが、どんだけ面白くなるんでしょう(^.^)。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-16 20:29 | 観たもの | Trackback | Comments(6)

Veteran's Day

今日はVeteran's Dayでお休みでした。
以前は、こういうぽこっと平日休みになったときにはお友達とランチに出かけたりしてたんですね。
懐かしいな−。


今年は、夫も私も「ちょこっと」仕事に行く必要があったので、
お互い、お昼までに仕事を済ませて、ランチがてら出かけようと思っていたところ、
夫の仕事が予定以上に伸びて(そんな事だろうとは思っていたけれど)、
待っているあいだにお腹が空いてきたので、家ランチに変更。

何にしようかな〜と、自分のお腹に尋ねてみたら
「ねばねば」という答えでした。

ということで、出来たのがこれ。
b0066900_16112158.jpg


「ねばねば蕎麦」
甘く煮た玉ねぎ、とろろ、めかぶ、納豆、アヒツナの食べラー和え
が乗ってます。
ビビンバみたいにかき混ぜてずるずるずる〜〜〜

あー美味しい。
ねばねば好きな方、おすすめデース。

このあと、買い物に出かけて、久しぶりにStarbacksでお茶しました。
b0066900_16112538.jpg

バースデーのフリードリンクハガキが届いていたので(^^)
Toffee Mocha Latteというのをご馳走になりました。
チョコ風味のキャラメルマキアートみたいなお味で美味しかったです。
(Peet'sのドリンクと比べちゃうと全体に薄い気が、、、、<(_ _)>)

本日の買い物では、人生初、ターキーを予約してみました。
冷凍ではないらしいので、25日にPickUpする予定です。
楽しみじゃ。。。。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-12 13:40 | LA生活 | Trackback | Comments(8)

1Q84 Book3

Book1・2を読んだ時点では、ずいぶんとパッとしない感想を持った1Q84。

Book3もまたまた貸していただいて、読むことが出来ました。

1・2は二人の主人公、天吾と青豆の章が交互にお話を進めていきました。
3では、もうひとり分、牛河の章が加わります。

この人物、うさんくさい肩書きに目立ちすぎる風体をしていて、見るからに(読むからに?)あやしい。
案の定、あの団体の手先であったことが明らかにされ、天吾につきまとっていた理由もそれで明らかになります。
さらに身を隠さなければならなくなった青豆を追いかける立場にもなり、それ故に主人公の一人に昇格???(実際には「月」に気づいてしまうからなのでしょう)

Book1,2でそれぞれ長い片想いをしていることが明かされた(でもお互いにそのことを知らない)天吾と青豆の恋愛は、牛河の働きによってハラハラさせられつつも、なんとか成就。


だからでしょうか、Book3はとても素直に読めて面白かったです。

互いに手をつないだ青豆と天吾がどの世界にいるのか分からないままなので、お話全体としてみたら、まだまだ完結していないのでしょうけれど、このまま終わってしまっても良いような気がします。
もちろん、Book4が読めるのだとしたら、楽しみです。


それにしても、あんなにしつこいNHKの集金の人が来たらい~や~だ~。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-12 00:48 | 読んだもの | Trackback | Comments(4)

G-Force/ An Education

週末のDVD。

G-Force
;FBIのスパイとして訓練されたモルモットチームのお話。
とある家電メーカーが世界征服を企てているとの情報を受け、モルモットチームが潜入し、ミッションインポッシブル並みのアクションで証拠となるプログラムを敵のメインコンピューターから奪ってくるのですが、FBIの上官に見せるときにはなぜか全然別のジャンクデーターになっていて、モルモットチームは解散、ペットショップへ売られてしまいます。
お約束通りに、ペットショップから脱走し、FBIから逃げつつ、敵のアジトに潜入して企みを阻止しようとするのですが、そこに現れた意外な黒幕が・・・・

ま、この手の動物モノはくだらないと分かりつつ、つい気になってしまうのですが、G-Forceに関しては、ほんと、くだらん(笑)
まかりまちがって、映画館でお金払ってみなくて良かったなぁ~
KidsコーナーにあるDVDを借りてくる私もナンですが(爆)。


An Education
;イギリスの女学校でOxfordへの進学を目指している優等生が、通りすがりのオジサンにたぶらかされて、不良少女へまっしぐら。

「勉強なんていくらしたって退屈な将来が待っているだけ」と先生に啖呵を切って学校を飛び出し、オジサンと結婚して、あとはショーやコンサート、美味しいレストランなどの楽しい生活、、、
と思っていたら、落とし穴。
ここでやっと目が覚めて、幸いにも、元の優等生に戻れるのですが、Educationの代償として失ったモノが特になかったので映画としてはスリルに欠けるかも。

たぶらかす役のオジサンが、ぶよぶよしたジャック・バウアーみたいな人で、「援交」とか「ロリコン」という言葉が頭の中にちらついて、気持ち悪かったです。
なんで、あんな男に嵌ってしまうかねぇ。

本筋には関係ないけれど、1960年代が舞台だそうで、フリマなどで見かけるコレクティブルなキッチン用品が、現役で活躍しているのを見るのは面白かったですね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-07 10:04 | 観たもの | Trackback | Comments(0)

道路の掃除

仕事からの帰りに、ふと気づいたらアパート前を通る道路の排水口がきれいになっていました。

以前、ビーチ・クリーニングに参加した時に聞いたのですが、LAの街中にある道路の排水口から下水に入った水やゴミは直接海へと流れる仕組みだそうです。

古い排水溝は穴ががぼっと大きくて、そのまま吸い込まれそうで怖いくらい。どんなゴミでもそのままGoです。
最近のは排水口に穴の開いた鉄板で蓋がしてあるので、大きなゴミは流れにくくなっているようですが、反面、詰まりやすい。

ここの排水口も、夏の間に少し離れたブロックで工事をしていた時の泥が、坂道を伝って流れてきて詰まりました。
そのまま何ヶ月も。

汚泥のようになってしまって、ちょっと雨が降るとアパート前の横断歩道には大きな水たまりができ車が通るとスプラッシュで水跳ねするし、臭いもひどい。
もしかしたら、定期的なStreetCleaningはやっているのかもしれないけれど、清掃車の大きなブラシで縁石に沿ってゴミを掻き出すだけなので、排水口にはさらにゴミがたまっていくだけだったようです。

で、ロサンゼルス市(Bureau of Street Services 道路清掃局)に掃除の依頼を出してみたのです。
リクエストフォームはこちら

オンラインでリクエストをして、
the Bureau will respond as quickly and as thoroughly as City policy and resources allow.
(出来る範囲で、なるべく早く対応しますね−)
という返事が来たのが9/30/10でした。
b0066900_4131876.jpg

で、掃除がされたのが11月頭。
ま、無視されずに、1ヶ月で順番が回ってきたのは、良かったと言えるでしょうか。
本格的な雨のシーズン前にきれいになったのは何よりです。
[PR]
by daysofWLA | 2010-11-06 20:48 | LA生活 | Trackback | Comments(2)